ボイストレーニング上達の基礎事項

自分の歌声は持って生まれたものだから、ボイストレーニングをしてもあまり効果がないかもしれない、と思っている方もいるかもしれませんが、トレーニングを続けていれば必ず上手くなります。人間の体というのは、鍛えれば鍛える程強くできていますから、腕の筋力や足の脚力と同じように、歌声も鍛えることによって確実に上手くなることができるのです。まずは自信を持って必ず上手くなる、強く思うことが上達の第一歩と言えます。
歌を上手く歌うのは、自分の地声を知ることが大切です。これはどういうことかと言うと、地声で歌うことが一番応用力のある、のびのびとした声となるカギだからです。えてして初心者は歌を歌う時には、普段の地声とは違った声で歌ってしまうものです。しかし、テレビに出ているプロの歌手は、普段の地声と歌っている時の声がほとんど変わっていないことが、はっきりと分かるはずです。プロの歌手は地声が一番、通る声で、応用力のある声だということを知っているからです。
また、歌を歌う姿勢もとても重要です。基本的に歌を歌う時は、自分が最もリラックスしている状態でなければなりません。どこかに余計な力が入ってしまうと、それが力みとなって歌声に現れますし、何より自身の喉を傷めることにもなりかねません。これもプロの歌手を見ていても分かることですが、プロの人達は誰一人として同じ姿勢で歌っている人はありません。それこそ千差万別の姿勢や動きをしているはずです。
これらはそのままその歌手の個性となって、聞き手に認識されるものですが、元はと言えばその姿勢こそがそれぞれの歌手にとって一番リラックスできる姿勢なのです。これは人によって様々に異なってきますから、一概にこれがいいと提示できる性質のものではありません。巷のボイステレーニングの本の中には、「これが正しい姿勢だ」といったおおげさな表現で解説してあるものもありますが、そもそも同じ歌手であっても歌う曲が違えば、歌う姿勢も変わってくるのです。万人に普遍の正しい姿勢などあるはずがありません。どういった姿勢が自分にとってリラックスできる姿勢なのか、それを試行錯誤しながら知ることも、ボイストレーニングの一環と言えます。
最後に、好きこそものの上手なれと言うことわざがあります。ボイストレーニングはカラオケで上手く歌いたいための手段であって、トレーニング自体が目的ではありません。何より歌を歌うことを楽しむことが、上達の最善の方法なのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s