ボイストレーニングには、無限大に広がる大きな可能性があります

従来、ボイストレーニングは、歌を上手く歌える様になる為の手段として一般的な認識がなされてきましたが、昨今では通常の話し声を含め、声質全体のよりよい改善が期待される事から、自分の声にコンプレックスを持つ人たちの悩みの解消にも、大いに役立っています。

ボイストレーニングのスタート前にストレッチを取り入れてみましょう。屈伸運動やマッサージなどで首回り、腹筋、背筋などの筋肉が温められ、解れる事で声が出やすくなる効果が期待出来ます。

基本的で大切な腹式呼吸を正しく行うためには、鼻から息を吸って、口から息を出すイメージです。空気のポンプに似た役割を持つ、おへその下、約5cmの所にある丹田はお腹周り全体が、息を吸うことによって膨らみ、吐くことによってへこむ腹式呼吸法が正しく行われているかを確認する重要なポイントになっています。

横隔膜をきちんと水平に下部に下げる事で、息の効果的な調整がスムーズに運びます。息の吸い過ぎは、胸式呼吸になり兼ねませんので、注意が必要です。

発音練習では最も軟弱と言われる、フォルセットを鍛える事から始まります。ホーの高い音で声を出し発音するやり方は、使い切れていない元々の音域を取り戻す目的で行われ、最終的には、チェストボイスとファルセットを、それぞれ明確に発声出来るようにします。これは、音痴の改善にも効果が期待されている練習法です。

次は裏声の発声の1つ、ヘッドボイス。声楽などの高い音域の歌を、又、ミドルボイス(ミックスボイス)はヘッドボイス同様、裏声の発声の仲間で、高い音域を力強く歌えるように訓練するやり方です。鮮明な言葉を目指す滑舌、発声の仕上げは、音階に沿って地声と裏声を即座に切り替える練習
となります。

それ以降はリップロールやタングトリルで、裏声に慣れる、高低の音のぶれの防止、正確な音の判断、喉を開いた状態での発声などの修得、更に腹式呼吸やビブラートの練習にも大いに役立つロングトーンは、同じ音を長く延長する為のトレーニングとなっています。発声時の立ち方や姿勢も、背筋をピンと伸ばし、腹式の正しい呼吸法で行いましょう。

毎日、自宅で出来る練習法には、声量アップに繋がるペットボトルを活用したもの、又、音程に効果が期待されるバケツを頭から被るやり方もお勧めです。日々の、少しずつでも繰り返し練習する積み重ねが返事や挨拶等に至るまで、全体的に聞き取り易く、周りに好印象を与えるなどの効果を、導き出してくれるのです。毎日、続けましょう。

ボイストレーニングの魅力は何と言っても、年齢や性別に関係なく、老若男女が誰でもいつからでも気軽に始められる、或いは参加出来る点にあるのではないでしょうか。先にも触れましたが、腹筋などの筋肉を強化する腹式呼吸は、腸の働きを促進する上、ダイエットや便秘などにも効果が期待されています。指導するボイストレーナーによって、大きくその方法が異なるボイストレーニング、大切なのは、自分がどんな目的で学ぶのかを明確にする事です。そうすれば、信頼に値する適切なトレーナーを見つけられ、学ぶ内容も自ずと決まってくるでしょう。ボイストレーニングの様々な効果が見直されてきた今、様々な分野で応用される無限大の可能性が広がりつつあります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s