ボイストレーニングで腹式呼吸を覚えて魅力的な声に

歌手やアナウンサーなどがよく行なっているとされる、ボイストレーニングは多くの効果があります。
ボイストレーニングは、声をたくさん使うような専門の職業の方以外からも、人気を集めているトレーニングであり、大いなる実用性が見込めるものであると言えます。
声という存在は、人と人とのコミュニケーションを手助けしてくれる大きな価値があり、円満な暮らしを楽しむ上において欠かせないものです。
声がもつ存在感や質感は、その人のイメージを大きく左右するような重大な役割を果たしています。
良い声を手に入れることによって、自分自身のイメージアップに繋がりますし、これからの人生においても一生役に立てることが出来ます。
ボイストレーニングをして、自分の声を向上させましょう。

良い声の出し方をするためには、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法をおこなうことが必要不可欠となってきます。
腹式呼吸を取得するための練習時間や感覚の得方は人それぞれによって変わってきますが、今から記すことを意識すればスムーズにこなせることでしょう。
腹式呼吸をする前に、一度深呼吸をしてみましょう。
呼吸をおこなうことで、人間の体は酸素を得て、リフレッシュすることが出来るのです。
同時に、リラックス効果も期待できるので、声を出す前には深く呼吸することを行なっておくことがおすすめです。
腹式呼吸を体に覚えさせる方法として、息をまず吐ききってから吸いましょう。
呼吸といいますと、どうしても息を吸うといったことが重視されてしまうことが多いです。
ですが、声を出すにあたっては、息を吐ききって、お腹に力を伝えることが求められるのです。
実際にお腹に手を当てて、息を吐いてみましょう。
少しお腹がへこむような感覚や、力が伝わる感覚を覚えられる方もいらっしゃることでしょう。
そして、息を吐ききると、人間の体は自然と息を吸おうとするので、特別意識せずとも新しい空気が肺にきます。
この動作で、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法は完了です。
しかし、実際に声を出すことと腹式呼吸をどう結び付ければ良いのでしょうか。
そこを考えてみましょう。
今度は、息を吐ききるときに声を出してみましょう。
すると、へその下のあたりに軽く力が加わり、パワーのある声を出すことが出来ます。
練習していくうちに、声量が増えていき、一度に吸うことの出来る呼吸の量が増えます。
腹式呼吸は、毎日継続して練習することが大事です。
仰向けに寝っころがって、お腹に手を当てながら声を出すという方法も、初心者にとって一番わかりやすいのでおすすめです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s