腹式呼吸と胸式呼吸とボイストレーニング

ボイストレーニングの教室に通い始めた初心者の方も多くいるでしょう。
中には、プロを目指している方もいるでしょう。
また、カラオケがうまくなりたいから通うという方もいます。
それぞれの方にそれぞれの目的がボイストレーニングにはあります。

ただし、はじめたばかりの時に誰しもハードルとなってしまうものがあります。
それは、腹式呼吸と胸式呼吸というものです。
教室の方で講師の方に、胸式呼吸であると指摘される機会が多い方もいます。
たしかに、歌う時には胸式呼吸であるよりも腹式呼吸のほうがよろしいという情報は知っている方も多いでしょう。
しかし、その違いを理解していなくて、講師の方に指摘されるごとに困惑してしまう方もいます。

では、その腹式呼吸と胸式呼吸の違いというものですが、
まずは今日意識呼吸のほうを確認してみましょう。
胸式呼吸とは、胸のまわりに呼吸してすいこんだ空気を入れてしまう呼吸方法というものです。
特に問題はないと思っている方もいるかもしれません。
しかし、お腹の中から声を出すことにつながってきませんので、全くよろしいものではありません。
そちらを確認する方法もあります。
自分で胸式呼吸をしていると分かればそれに対処していくことができるのです。
ブレスというものをした場合ですが、肩や胸がもり上がるかどうか、を確認していくだけです。
鏡などを観ながら確認をしてみると格段に分かりやすいです。
ブレスした時に、上半身を観ていきましょう。
服を着ていましても、Tシャツなどの薄い上着でしたら対応できますので、
ボイストレーニングいをする時などは特に着目しなければいけない部分です。

ちなみに肩や胸が動いている場合には間違ったところに空気を入れているということになります。
ですので、そのままでは歌がうまくなることは期待できます。

一方で、腹式呼吸ですが、ブレスをしていきますと腹部が盛り上がるようになります。
お腹に手を添えながら、ブレスしていくといいでしょう。
簡単に確認していくことができます。
普段からそういった呼吸をしていけるようにボイストレーニングをしていくべきです。
ちなみに腹部が動いているのが分かりましても、胸や肩が動いていては意味がありません。
胸式呼吸をしっかりしないブレス方法を自分に覚え込ませるのです。

腹式呼吸と胸式呼吸とボイストレーニングは以上のような方法で可能になります。
また、この機会に運動をしてもよろしいでしょう。
運動をしますとしっかりとした呼吸法を覚えることになります。
ちょっとしたジョギングについてもボイストレーニングの一環と言ってもよろしいのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s