響きを使って声量と声質アップ

ボイストレーニングをするにあたって、良い声とされる声を考えてみましょう。
ボイストレーニングでは、口先だけで出したようなボソボソした声や、喉からしぼりたしたような高くて細い声は、良い声であるとは言えないことが多いです。
腹式呼吸を用いており、喉に負担を与えにくく響きが感じられる声が出せるようになれば、良い声と言えます。
良い声を出すためには、響きを用いてあげることがとても重要になってくるのです。
声を響かせることによって、少しのパワーでもたいへん声量をアップすることが出来ますし、聞いている側からしても心地よい歌声だと感じるケースが増えます。
響きは、鼻腔や軟口蓋を上手く使ってあげることによって、簡単に手に入れることが出来るでしょう。
鼻腔を上手く使って、歌うための準備として、ハミングすることがおすすめです。
ハミングとは、いわゆる鼻歌のようなものです。
口を軽く閉じて、鼻から呼吸しながら、音程をとって歌を歌うといった内容です。
声を鼻から抜くようにして、歌詞をつけずに「ふふふーーん」と音程だけで歌うことで、ハミングをすることが出来ます。
ハミングは、ボイストレーニングにあたって、ものすごく重要なものです。
簡単に行なうことが出来ますし、ハミングの練習を毎日続けることによって、声の響かせ方を身に着けたり、声帯の強化にも大きな効果が期待できます。
ハミングが上達してくるにつれて、喉に余分なパワーをいれずに、軽やかに声を響かせるようになれます。
歌を実際に歌う前など、積極的にハミングを取り入れてみることがおすすめです。
そして、歌を歌うときには、軟口蓋を上げて口内のスペースを大きく広げてあげることが求められます。
軟口蓋とは、上あごの奥の方にある、やわらかい部分のことです。
軟口蓋を上げるためには、意識することが大切です。
口を小さく開いていますと、軟口蓋を上げることが出来ず、迫力のない歌声になってしまいます。
口角を上げてなるべく口を大きく開けるようにして、軟口蓋に声をぶつけてみましょう。
声を大きく出したいと思った場合、無意識のうちに自然と前へ前へと声を出してしまわれる方が多いです。
しかし、軟口蓋に声を当ててあげるようにして、奥歯や耳の後ろの方で言葉を発するようなイメージで声を出してみると、自然と声を響かせることが出来るので、声量のアップにつながります。
そして、その時には、喉を下げてあげるとおすすめです。
あくびをする直前のようなイメージで、喉に大きな空間を確保します。
これらの複合効果によって、響きのある良い声を作り出すことが出来ます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s