カラオケ上達の近道、音域の広げ方。

カラオケ上達法は色々とありますが、やはりもっとも手っ取り早いのは、声域を広げるということでしょう。
声域というと難しかもしれませんが、高い音を出せるようになると言えばわかりやすいでしょう。
カラオケで人気がある曲は、どれも、高い音をロングトーンで出すものが多いです。
これは、そうすることによって、盛り上がる「見せ場」を作ることができるからです。
逆に言えば、その他の所が少し外れていても、見せ場をうまく歌うことができれば、外れたところもその人の「味」ということで認められたりもするのです。
まずは、高い音を出すために、自分の音域の広げ方を学んでいきましょう。

高い音といっても、声質がそれぞれ違うように、その人その人の声域は、千差万別です。
まずは、自分が、どの音まで出るのかを知ることが重要になってきます。

姿勢を正して、まずは自分が無理をせずに出せる一番高い音を出してみてください。
この時「あー」と声を出すと、意外とのどに力がかかりやすいため、「まー」か「なー」などでやってみるのが良いでしょう。
そうして、一番高い音がわかったら、その音を高いドと決め、ドシラソファミレドと下のドまで下りてきてください。

もちろん、アカペラでなく、何か楽器で伴奏できるといいのですが、ここでは、自宅で出来る練習法を念頭に置いているので、
音のずれは一旦気にしなくていいでしょう。

下のドまで下りてこれたら、今度は、「まー」か「なー」で「まままままままま」と上のドまで上がってみてください。
一気に駆け上がれば、さっきより楽に上のドが出るはずです。
そして、その勢いで、もう一音上がってみてください。
どうでしょう。
さっきこれが限界と思って決めた上のドより一音上のレが出たのではないでしょうか。
この要領で、何度か繰り返していくと、おそらくはじめの限界の音よりも、3~4音ぐらい上のおとが出るようになったと思います。

くれぐれも注意しなければいけないのは、高い音を出そうと意識するあまり、不必要にのどに力を入れないようにすることです。
身体の力を抜きふわーっと息を押し出すことで、腹式呼吸をすることができます。

また、姿勢や立ち方も重要です。
肩に力を入れず、肛門に力を入れることで、より高い音域が出るようになることでしょう。

始めのうちは、か細い声しか出ないかもしれませんが、髪の毛を引っ張り上げられているようなイメージで、毎日一音ずつ上を目指そうという意識を持ち続けることが大切です。

もともと、人の音域は1オクターブくらいしかないけれど、練習次第で、3オクターブくらいまでなら出るようになるという説もあります。
まずは、カラオケで上手に歌える自分の姿を想像しながら、音域を広げる努力をしてみるのが効果出来です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s