Monthly Archives: February 2012

ボイストレーニングと歌唱力の向上

ボイストレーニングと歌唱力の向上は切っても切れない関係です。歌を歌うときには腹から声を出す、このフレーズを聞いたことがない人はいないかもしれません。腹式呼吸を行わないいわゆる「喉声」は喉を傷めるリスクが高いですし、声もかすれますし、息が漏れてしまうので十分な声量には達しません。高い声も出しにくくなるという弊害も生まれます。
では実際どこに力を入れて歌えばいいのかわからない方も多いと思います。ボイストレーニングの一環として腹筋などの筋トレが行われる場合もあるようですが、外側の筋肉を鍛えてもあまり意味はないと言えます。腹から声を出すためには腹圧を高めなければなりません。つまり身体の内側の圧力を意識する必要があるのです。自然にリラックスした状態で腹圧をかけること、それはお腹の外側の筋肉ではなく内側のインナーマッスルの仕事です。インナーマッスルを鍛えるには外圧的な筋トレではなく、体幹を鍛える運動がベストです。体幹を鍛える運動はコア・トレーニングと呼ばれ、鍛えることで歌う時の姿勢も良くなる、まさに一石二鳥のトレーニングです。体幹を鍛えるにはチューブトレーニングとバランスボールを使ったトレーニング方法があります。チューブを使う場合、足でチューブをふみ両手で足で踏んでいる逆の方のチューブを持ち、身体をゆっくりひねりましょう。1日左右10回づつX3セットで十分です。バランスボールを使った場合、ボールに座って落ちないように足をブラブラさせる。またボールに座りながら歌ってみると良いでしょう。自然とお腹に力が入っているのがわかります。最初は歌を歌うのも難しいと思いますが、そうしている内にもインナーマッスルが鍛えられています。チューブもバランスボールも高いものではなく、時間のかかる運動ではありませんから、一つ購入されてみてはいかがでしょうか。トレーニングを続けていてもお腹から声を出すのが苦手という方は入るでしょう。しかし喉声を解消しなければ、歌唱力を上げることは叶いません。歌を歌っている時は、のどが大きく開いていることが理想的です。舌に力が入りすぎているのも発声のためには良くありません。喉声の解消と腹式呼吸は表裏一体です。それは身体の姿勢の面でもっとも特徴をあらわし、身体はリラックス、あごと顔の角度は引き気味に、お腹に意識を集中する。自然に力の入っていない姿勢で歌うことが歌唱力を上げるための基本です。

ボイストレーニングの方法について

歌がうまくなりたいと思ったら、ボイストレーニングを始めると良いでしょう。
腹式呼吸をするので健康にも良く、血行促進やダイエットにも効果があると注目されています。
ボイストレーニングは、自宅でも簡単に出来る練習方法です。
練習を積むと、歌の上達だけではなく、音程が正しく取れるようになるので、様々な声の出し方が分かってきます。
個性も伸ばして、自分だけの楽器として育てる事が出来るのです。
声を出す仕組みは、声帯を息で振動させて音を出すので、振動が早ければ高く、遅ければ低く響きます。
歌う時にはこの発声を、細かくコントロールして歌っています。
うまくコントロールするには、発声する為の筋肉を鍛えるという事が有効です。
ますは、基本として声を遠くに出す練習を行いましょう。
遠くの人を大きな声で呼ぶようなイメージで発声をすると、横隔膜が鍛えられ、ハリのある声を出せるようになります。
その声を喉からではなく、お腹から出すようにする事が重要です。
それが、腹式呼吸法と言われる、ボイストレーニングの基本になります。
へそから下に5㎝程度の場所を丹田と言いますが、そこを基準に脇腹・腰・背中などを含めたお腹まわりが空気ポンプとなります。
胸の部分に息が入らないように、お腹が動いていて、肩や胸が上下しないように呼吸します。
それを続ける事でインナーマッスルが鍛えられ、楽に腹式呼吸が出来るようになります。
トレーニングをしている時の姿勢は、鏡を見ながらチェックしておきます。
足を肩幅に広げる事、姿勢を正す事はもちろん、背筋を伸ばして前に重心を置くような感じで行うと効果的です。
声が出るようになってきたら、一定の音量で長く声を出す練習をしましょう。
声が震えないように、お腹を使って声を維持する感じで行います。
また、声をだんだん大きくしていったり、小さくしていくトレーニングも効果的です。
少しずつ声が出るようになってから、実際に歌ってみましょう。
歌う場合にも、喉からではなくお腹から声を出すように気をつけますが、お腹に力を入れるとうまく声になりません。
歌う場合は、余計な力を入れずにリラックスして歌うようにします。
自分だけで自宅でボイストレーニングを行っても良いですが、専門の教室で学ぶのも良いでしょう。
人から学ぶ事で、自分の欠点がわかりやすいので、相性の良い先生を探してみるのもおすすめです。
ボイストレーニングはすぐに結果が出るものではないので、根気よく継続して続ける事が歌がうまくなる秘訣になるでしょう。

ボイストレーニングと腹式呼吸

ボイストレーニングとは、一般的に、発声に重点の置かれた、大きな声を出す練習のことを指していいます。
しかし、大きな声の出し続け、というのは、通常の生活において、指示を出す仕事でなければ、あまりやることも聴くこともないものです。
それで、ボイストレーニングというと、歌手や俳優が行うもの、と思われがちでしたが、近年では、大きく魅力的な声を出すことを、練習によって高めることによって、コミュニケーション能力を向上させる、という目的からボイストレーニングに注目が集まっているのです。歌手や俳優は、普通の人の行動のように映っていますが、実はとても大きな声で、しっかりどの子音や母音も発音することで、誰が聴いてもわかる商品たりえていて、発声が命、ということもできます。
ビジネスで成功したい、とボイストレーニングのレッスンやスクールに通うような人たちにとって、それは同じことといえます。

胸式呼吸で喋っているときと、腹式呼吸で物を言うとき、声の聴こえ方が全く変わってくることがあるのをご存じでしょうか。
ボイストレーニングは発声練習をメインにしています。
声の質を変えるという主旨のものというより、声の出し方自体をレッスンし、腹式呼吸による発声のし方を徐々にレベルアップさせ、大きく魅力的な声を出し続ける技術に長けることを目指しています。
わずかなレッスンでも、そのポイントを掴み、声の出し方から変えることができてしまえば、ずっと魅力的な声を出す効果が続くという可能性もあるわけです。

ボイストレーニングの方法には、特段のルールはないので、様々な主催者のレッスンスクールが催されているのが実情です。
その数は大変多く、いざボイストレーニング教室に通おうとしてもどこがいいかについてはきっと迷ってしまうことでしょう。
基礎的な筋力を鍛えたり、声帯を鍛えたり、腹式呼吸を重視したり、様々な音階の音に耳を慣らしたり、等といった点以外についての項目は、非常に個性的でバラエティ豊かな指導法があり、通うならばできるだけご自分に合うものを体験レッスンで気楽に選択するのが上達の近道といわれています。

ここで一つ、ボイストレーニングに自宅で手軽にトライしてみる方法をご紹介します。
まずは腹式呼吸のやり方ですが、これは、普段通りの呼吸をしながら、しだいにお腹から息をはくようにしていくことで胸式呼吸が腹式呼吸に変わっていくのです。ゆっくり長く息をはくようにします。
姿勢はリラックスさせ、できるだけ正しい姿勢で立つようにするのがおすすめです。

話し方を改善するボイストレーニング

私も何度も経験があるのですが、大事なお話をしている時に、話す言葉が決まっているのにも関わらず、詰まってしまって喋る事ができなかったり、うまく話す事ができずに大事な会議や話し合いで恥をかいてしまうという事がありました。最初は緊張の為に、喋る事がうまくできなかったと思っていたのですが、何度も経験しているのにも関わらずうまく喋る事ができなかったので、悩みの部分でもありました。もしかしたら、私以外にもそのような経験をされている方がいるかもしれません。緊張によって、本来喋る事ができる事が喋りにくくなったりしますが、それ以外が原因だとしたら、喋り方に問題があるのかもしれません。私は、それ以降大事な話や会議などがあった場合は、1人になれる所を見つけて、ボイストレーニングを行いました。ボイストレーニングを行う事によって、今まで緊張していた事も多少和らげる事ができますし、うまく発音することができるようになります。ただ、ボイストレーニングを行う際には声を発する可能性がとても高い為に、周りの方に迷惑をかけてしまう可能性がありますので、私の場合は音量を自分でコントロールしていました。声を出すという行動は私が思っている以上にとても大切な行動です。声を出す事ができれば、今まで抱えていた緊張や不安も多少なりとも解消することができます。もし大事な会議や話し合いなどで、うまく喋る事ができなかったり、言葉が詰まってしまう方はボイストレーニングを行う事によって、解消される可能性がありますので、是非実施していただきたいと思います。ボイストレーニングは声量や音痴を治すだけではないということです。相手の方とコミュニケーションを取る為には、話すという行動が必要となってきます。これは人によって異なっており、声が聞きやすいという方もいれば、残念ながら聞きにくいという方もいます。相手の方に何度も聞き返されたりした場合は、もしかしたらうまく発音することができない為に、聞きにくいかもしれません。そのような状況になった時に、ボイストレーニングを正しく行う事によって、うまく発音することができるようになり、今までよく聞き返されていた事が無くなる可能性があります。普段うまく喋る事ができなかったり、発音することができなかった方は、ボイストレーニングを行う事で、悩みを解消することができるかもしれませんので、行っていただきたいと思いました。