ボイストレーニングの方法について

歌がうまくなりたいと思ったら、ボイストレーニングを始めると良いでしょう。
腹式呼吸をするので健康にも良く、血行促進やダイエットにも効果があると注目されています。
ボイストレーニングは、自宅でも簡単に出来る練習方法です。
練習を積むと、歌の上達だけではなく、音程が正しく取れるようになるので、様々な声の出し方が分かってきます。
個性も伸ばして、自分だけの楽器として育てる事が出来るのです。
声を出す仕組みは、声帯を息で振動させて音を出すので、振動が早ければ高く、遅ければ低く響きます。
歌う時にはこの発声を、細かくコントロールして歌っています。
うまくコントロールするには、発声する為の筋肉を鍛えるという事が有効です。
ますは、基本として声を遠くに出す練習を行いましょう。
遠くの人を大きな声で呼ぶようなイメージで発声をすると、横隔膜が鍛えられ、ハリのある声を出せるようになります。
その声を喉からではなく、お腹から出すようにする事が重要です。
それが、腹式呼吸法と言われる、ボイストレーニングの基本になります。
へそから下に5㎝程度の場所を丹田と言いますが、そこを基準に脇腹・腰・背中などを含めたお腹まわりが空気ポンプとなります。
胸の部分に息が入らないように、お腹が動いていて、肩や胸が上下しないように呼吸します。
それを続ける事でインナーマッスルが鍛えられ、楽に腹式呼吸が出来るようになります。
トレーニングをしている時の姿勢は、鏡を見ながらチェックしておきます。
足を肩幅に広げる事、姿勢を正す事はもちろん、背筋を伸ばして前に重心を置くような感じで行うと効果的です。
声が出るようになってきたら、一定の音量で長く声を出す練習をしましょう。
声が震えないように、お腹を使って声を維持する感じで行います。
また、声をだんだん大きくしていったり、小さくしていくトレーニングも効果的です。
少しずつ声が出るようになってから、実際に歌ってみましょう。
歌う場合にも、喉からではなくお腹から声を出すように気をつけますが、お腹に力を入れるとうまく声になりません。
歌う場合は、余計な力を入れずにリラックスして歌うようにします。
自分だけで自宅でボイストレーニングを行っても良いですが、専門の教室で学ぶのも良いでしょう。
人から学ぶ事で、自分の欠点がわかりやすいので、相性の良い先生を探してみるのもおすすめです。
ボイストレーニングはすぐに結果が出るものではないので、根気よく継続して続ける事が歌がうまくなる秘訣になるでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s