歌を上手に歌うためのボイストレーニング

歌を歌う際に一番やってはいけないことがボソボソと小さな声で歌うことだと思います。音痴でも声が出てないよりはマシです。
大きな声が出せないという方は腹式呼吸をしてみましょう。鼻から息を吸って口から出す、これだけです。歌を歌うときはどうしても口の方に意識が向いてしまい、呼吸も口で行なってしまいがちですが、空気は鼻から吸った方がより多く取り込むことができます。歌い出しなどは特に意識して鼻から息を吸うようにすると、だいぶ違ってくると思います。この方法で歌うと息切れがするという方は、ランニングや腹筋などをして身体を鍛えた方がいいかもしれません。
低い声は、演奏の音に掻き消されてしまったり、マイクが拾ってくれなかったりします。私自身も声が低く、バンドでヴォーカルをやっていたときは随分と悩まされました。高い音を出す方法は、まずは練習することですね。キーが高めの曲を何度か歌ううちにコツが掴めてくると思います。練習するときに意識することは身体の力を抜くことと声を上に向けて出すようにすることです。緊張しているときなど身体に余計な力が入っていると、高い声は出しづらいです。リラックスした上で、頭の天辺から上に突き抜けるように発声すると高い声が出ると思います。無理をして高い声を出そうとすると喉を痛めてしまう場合がありますので、あまりやりすぎないようにしましょう。また、低い声であっても、前述した腹式呼吸がしっかりとできていれば、声が通るようになると思いますので、高い声にはそこまでこだわる必要はないです。
上手に歌うためには、まず元の曲を何度も聴いてみてください。最初は歌うというよりもモノマネをするようにした方がいいと思います。曲について注意して聴いてほしい部分は、歌手の抑揚や強弱の付け方です。歌が下手な方というのは、声が出てないことや音程が取れてないということもありますが、歌うときに抑揚をつけていないというのもあると思います。ここは声が小さめとかここから声が大きくなるとかそういったことを意識すると、メリハリができて一本調子のようにはならなくなります。ビブラートやタングトリル(巻き舌)が特徴的な歌手がいますが、逆にこれはあまり意識しなくてもいいかなと思います。ビブラートはしっかりと声が出ていれば自然とつきます。
上記のことを意識して、練習してみてください。できればカラオケなどでマイクを通したり録音したりして、客観的に自分の声を聴いてみた方が反省点がわかりやすいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s