ミックスボイスで広がる音域

ボイストレーニングをされる方の目的は人それぞれですし、アナウンサーや歌手などの声を扱う職業についておられない方でも簡単に始めることが出来ます。
ボイストレーニングによって声域を幅広く拡張させることが叶いやすくなりますので、カラオケの上達にもたいへん役立ちます。
カラオケは社会人であっても学生であっても何かと行く機会がありがちなものです。
自分の声や歌唱力に自信が無くても場の空気や後々のことを考えると歌わないわけにもいかないですが、上手く歌うということはなかなか難しいものであります。
歌を上手く歌うにあたって、肺活量やブレスの使い方も大切ですが、音域や声量も大事になってきます。
そこで、高い声を出すための方法を考えてみましょう。
声の低い方でも高音を出せる方法として、普段の話し声などに使う音の高さよりも高めの裏声を用います。
しかし、裏声は声量に限りがありますし、地声とはあまりにも性質がかけ離れている声なので、カラオケなどの場での実用にはあまり向いていないかもしれません。
地声から裏声に切り替わった途端、がたんと声量が急に弱くなってしまったり、声がかすれがちになるケースが多く、聞いている側からしても違和感を感じやすいものです。
そのような違和感や不便さを解決するための手段として、ミックスボイスが挙げられます。
ミックスボイスとは普段なかなか聞き慣れない名称ですが、簡単にいうならば地声と裏声の良いところを混ぜ合わせたものと言えるでしょう。
地声が持っているその人の個性の声や声量の多さを維持しつつ、裏声の良さである簡単に高い音域を出せるといった特徴があります。
これならばサビなどの高音でも声量を落とさずに歌いきれますし、地声を張り上げるのとは違って喉に負担もかかりにくいです。
とても便利で実用的なミックスボイスですが、これを習得するためには息漏れしない裏声を出す必要があります。
息が漏れないことを確かめるには、口の前に手をあててみるとわかりやすいです。
息漏れの無い裏声を出すためには、声帯を閉鎖することが求められます。
声帯を閉じるというイメージは非常に難しいですが、自分が出せる最低音よりもさらに低い音を出すようにして「あ・・あ・・あ・・・」と発声してみましょう。
ホラー映画に出てくる声みたいな感覚でエッジボイスを出すと、声帯が閉じている感覚を掴みやすくなります。
ぜひ肩の力を抜いて、裏声の練習を積み重ねて息漏れの無い裏声を習得しましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s