歌の上手くなる歌い方について

歌の上手くなる歌い方について。まずは歌を歌うときの姿勢に気をつけましょう。いくら上手に歌えていても声が届かなければ意味はありません。自分の声をロスなく出すためには歌うための姿勢を作らなければなりません。要は拡声器と同じです。機械の内部で作られた音が出てくるのは円錐状に開かれた部分です。広がっているのがわかると思いますが、あれを自分の喉だと思ってください。良く広がらないと音がこもってしまいますね。大きな声で歌っているつもりでも聞いている人には聞き取りずらい歌になる、それが姿勢の悪いときに起こります。背筋を伸ばして胸を張る、これが基本の姿勢です。かつ身体をリラックスさせ緊張しないこと。顔は少し上向きに保ちます。足は少し開き目にしておきましょう。これらの姿勢を保つことでより効率的にあなたの声を出すことができます。姿勢が整ったらいよいよ発声です。その時に気を付けるべきは呼吸です。息をすって吐き出す、この時にへその少し上に少し力を入れながらその部分を意識して呼吸してみましょう。大きく吸って、息を止め、吸ったのと同じスピードで吐き出す。5秒で吸って、5秒で吐き出す、それを行っているうちに腹式呼吸がわかってくると思います。なぜへその少し上に意識を置くのかと言いますと、そこには横隔膜があるからです。横隔膜を意識することでより大きく深く呼吸でき、その分大きな声をムリなく発声することができます。腹式呼吸は頭で理解するよりは自分の身体で覚えたほうが得策です。なので毎日少しずつ、感覚を忘れないように訓練しておきましょう。ゆっくり大きく吸って、ゆっくり吐き出す。これを繰り返すのです。腹式呼吸ができるようになれば声量が変わってきます。そのことでまずは人に「声を届ける」ことができるようになります。次にすべきことは歌の訓練です。訓練とはいってもただ無為に歌い続けるとかそいったことではありません。喉を痛めてしまうかも知れないので無理に練習するのは避けましょう。喉は酷使すればすぐ擦り切れたりポリープができてしまう繊細なものです。喉の使い方、つまり声帯のメカニズムを知ることでそういった事態は避けることができます。声帯は声を音として出す場合、狭まります。狭まった声帯に空気が接触することで音が出るというメカニズムです。声の高低はこの声帯の伸縮の度合いにかかわってきます。高い声の時は隙間が小さく、低いときは隙間が大きくなる、この性質を意識して発声を心がけましょう。声帯をコントロールできれば、
譜面通りに歌を歌うための近道になります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s