喉声の治し方と高い音の出し方

ボイストレーニングに励むにあたって、安全な発声をすることが大切です。未経験の場合、普段何気なく歌ったり叫んだりしている発声法は、喉にとっては良くないことがあります。
ボイストレーニングをして、腹式呼吸で、喉に負担をかけない声を出せるようになりましょう。
未経験の場合、喉声とよく呼ばれるような喉に力が入ってしまう状態の声を使用していることがあります。
喉にがちがちに力が入っていますと、ロングトーンや高い音を出す場合とても負担がかかりますし、幼稚で聞き心地が悪い声になってしまいます。
喉に力みがあると、鼻声になってしまうケースもよくあり、正しい発声練習をすることすら難しいです。
喉声を改善するには、喉を開いて脱力することが有効な方法です。
口の中のスペースを大きく確保するように、喉の奥の上方を意識して空間を作ってあげると、喉を開くことが出来ます。
あくびをするようにしたり、割りばしを2本用意して左右の奥歯ではさんだりと、喉を開くためには多くの練習メニューがあります。
実際に声を出してみると、喉がいつもより楽だったり、声量が上がったといった感触を感じることが多いので、声を実際に出しながら練習すると良いでしょう。
最初のうちは、ため息に声をのせるような感じで、ロングトーンで声を出してみるとおすすめです。
力を抜いて、息を吐いて、声に繋げていきます。
その声量がだんだんと上がるようになれば、喉声の改善に繋がりますし、共鳴の練習にもなります。
それらの感覚を覚えておき、実際の歌唱で活かせるようになれば、ずいぶんと声質改善と喉の負担の軽減につながります。

しかし、高い音を出す時には、喉が自然と締まりやすくなったり、声量がガクンと下がってしまうケースがよくあります。
喉の中に筒を入っているようにイメージを膨らませて、高音になってもそのイメージをキープすると、おすすめです。
高い音を出す場合にも喉の空間は必要ですが、より丹田(おへその少し下の部分)に力を加えてあげると、上半身の力が抜けやすくなりますし、パワフルな声を出しやすくなります。
また、高い声を出すには裏声の強化が求められることが多いです。
口の前に手をあてて「ホー」と裏声で歌ってみましょう。
息が漏れているような感覚があれば、なるべく息漏れがなくなるようにするのが望ましいです。
そして、軟口蓋を上に引き上げて、目を見開くようにし、背筋を伸ばして視線を高めにすると、高音が力強くなりやすいです。
喉を開いて、顔全体に響きが伝わるように、上方向を意識しながら発声すると、おすすめです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s