ボイストレーニングで大事なこと

ボイストレーニングをしようとしている人の大半は、カラオケで上手く歌いたいといった目的を持っている人で、むしろプロになりたい言う人の方が少数になります。もちろん目的が違えばトレーニング方法も違ってくるのですが、これをごちゃまぜにした方法論が世の中には蔓延しています。ここではプロの歌手を目指そうと言う人達ではなく、カラオケで上手く歌いたいと言う方を対象にした、ポイントを説明します。
まず歌う上で最も基本になることは、自分をいかにリラックスした状態にするかと言うことです。なんだそんなことか、と思う人もいるかもしれませんが、歌を歌うに当たって一番声が出る状態と言うのが、リラックスをして力が入っていない状態なのです。緊張してしまったり、力を入れて歌ってしまうと、上ずった声になったり喉を傷めてしまうこともあります。歌を上手く歌うためにボイストレーニングをするのに、喉を傷めてしまって歌を歌えなくなるのでは、元も子もありません。テレビに出ている歌手を見れば一目瞭然ですが、このリラックスする方法や、歌う姿勢と言うのは本当に人によって様々です。ですから、こういう姿勢で歌うのが一番いい、と画一的に断定することはできません。そもそも同じ歌手であっても、歌う曲によってリラックスできる姿勢は変わってくるもので、一つの姿勢でずっと歌う人の方が珍しいです。ですから自分は一番どの姿勢がリラックスできるのか、これを見つけるのは自分自身ということになります。ボイストレーニングをしている期間に、いろいろ試行錯誤しながら見つけてみてください。
ボイスレコーダーを使ったトレーニング方法も、初心者にとっては効果的なトレーニング方法になります。実は普段自分の声だと思っている声は、耳にある内耳と言う器官を通して聞いています。これには自分の本来の声に加えていろいろな雑音も混じってしまうので、周りが聞いているあなたの声とはだいぶ違ったものになっています。留守番電話やビデオなどで自分の声を聞いた時に、違う人の声のように聞こえる理由はそういうことからです。この留守番電話やビデオなどから聞こえる声が、周りに聞こえているあなたの声であり、本来の声に最も近いものです。ボイスレコーダーにわざわざ自分の歌声を録音する理由は、自分一人ではなかなか気づかない自分の欠点や、クセを発見するのが簡単だからです。このようにボイスレコーダーを使って、自分の歌がどのように聞こえるのかということを意識して、改善するようにすればより一層トレーニングの効率を高めることができます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s