無理なく低音を出す方法

ボイストレーニングというと主に高音を出す目的で行われますが、歌を上手に歌うためには低音のトレーニングも行う必要があります。
曲の中には、低音が必要とされる曲も存在しますね。
この時響くような低音を出せると、男らしさや女性らしさを演出することもできるようになるのです。

ただし、女性だけでなく男性でも元の声が高かったりすると、うまく低音を響かせることが困難になってしまいます。

声の高低は、声帯の長さや身長などによって、ある程度決まってしまう傾向にあります。
ただし、低い声を出すためのボイストレーニングを重ねることにより、自分で出せる限界までの低音を出すことは可能になるのです。

まず、低音を出したいと思った時には、喉を締め付けないことは重要になります。
低音を出そうと思うとどうしても力んでしまいますが、喉に無駄な力がかかると、逆に低音が出なくなってしまいます。

自然な形で低音を出したいと思った時には、喉に余計な力がかからないように体全体の力を抜いてみるとよいですよ。
体の力を抜くと、口や口内、声帯付近の筋肉も緩んできます。
この状態で声を発するようにすると、自然に低音が出やすくなるのです。

体全体の余計な力を抜いたうえで、胸に響くように発声練習を行ってみましょう。

胸に響くように発声練習を行うと、重厚のある低音を出せるようになります。
この時、姿勢を正し顎を引くようにして声を出すと、喉に負担をかけずに低音を出すことができるようになります。

体の力を抜き、胸に響くように歌うことで、今までと比べて綺麗な低音を出せるようになっていると思いますが、もともと高い声の方ですと綺麗な低音が出せないかもしれません。
そんな時には、無理に歌おうとせず、いつも話している声の音程を思い浮かべながら歌ってみても効果的です。

自分で高い声だと認識されている方でも、普段しゃべっているときには以外と低い声が出ているときもありますね。
特に、静かに怒っているときには、相手と話している時いつもよりも声が低くなっていることに気がつくかと思います。

歌を歌う時、わざと怒りを思い浮かべる必要はありませんが、低い声を出しているときのイメージを頭に入れながら歌うようにすると、自然のうちに低音を出せるようになるでしょう。

綺麗な低音を出すことは、歌える曲を増やせるという点で非常に意味のあることになります。
元々高音だからと諦めることなく、無理のない範囲でトレーニングを行ってみるとよいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s