ボイストレーニングを行う前に

 ボイストレーニングでは声量を上げると共に、音痴の修正も見込めます。
 友人とカラオケに行った際に、音痴を晒してしまうと恥ずかしいですし、今度は行くのを控えようとも思いますよね。音痴を克服することでカラオケで歌うことに苦を感じなくなると共に、人前で歌うことが好きになります。まず、チューニングマシーンなる、音痴を修正できる機械があります。これはギターなどの弦のピッチを正確に合わせるもので、電源を入れると、音に反応して音階を示してくれます。機械の針が大きく動いている時は音程がずれています。また、ゴスペル集団はアルト、ソプラノ等、それぞれの歌い方がありますが、一斉に大声を出すため、自分がどんな音をだしているのかが分からなくなります。そのようなことがないように、ゴスペルでは少人数でアルト、ソプラノ、アルト、ソプラノ・・・という順番で円形になり、合唱します。こうすることで、自分の音階を確かめると同時に音程が狂ってないかを確かめることができます。これは個人ではできない特殊な例です。
 歌は感情を込めることで、歌い手も聴き手も感情移入ができ、更に良い歌が出来上がります。ボイストレーニングにおいても感情を込めて練習することを忘れないで下さい。歌に感情を込めるメリットはいくつかあります。歌は個人で歌って満足することを許しますが、ほとんどの場合聴き手がいます。聴き手は、癒しを求めていたり、歌から何かを感じ取りたいと思っていたりします。そのことから、歌に感情を込めることは重要であると言えます。また、感情移入ができると、極端な話、歌にそんなに自信がなくても、上手に聞こえます。感情がこもっていないけれど、歌が上手い人と、感情がこもっていて、歌があまり上手くない人が歌うのとでは、後者の方が聴き手を惹きつける魅力があります。実際にトレーニングで感情移入をすることはそんなに難しいことではありません。まずは、歌の歌詞の全体像を把握します。その後、歌う時は抑揚をつけたり、語尾を伸ばしてみたりします。それに加え、手の動きなども重要です。パフォーマンス性を高めることができ、より感情移入できます。
 さらに、歌うには喉を使います。歌うことにおいて、喉は生命線であり、これなくしては歌うことはできません。今まで、何人のアーティストが喉の調子を理由に歌手としての活動を断念してきたでしょうか。ボイストレーニングをする際は必ず喉に気を配りましょう。少し調子が悪いなと思ったらすぐにトレーニングを中段する、通院する等、迅速な対処を心掛けましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s