音痴を直すには、ピアノを使ったボイストレーニングがおすすめです

音痴を直すには、ピアノを使ったボイストレーニングがおすすめです。
音痴を直す一番の早道は、有効にピアノやキーボード、オルガンというような鍵盤楽器を活用することです。
自宅にこのようなものがない場合には、キーボードはおもちゃでも構いませんから、なんとかして購入を検討してください。
キーボードはおもちゃであれば4〜5千円くらいで買えます。
なぜ、音痴を直すのに鍵盤楽器が有効かというと、音感を正しくつけることができるからです。
音感を正しくつけるトレーニングは、発声をピアノの音に合わせて行っていくのが普通のやり方です。
音痴を直すために、是非試していただきたいのは、ピアノを弾く時に耳を鍵盤に当てながら音を確認するということです。
このようにすると、ピアノの振動が頭蓋骨に伝わるため、音を耳だけで聞く時よりも聞きやすくなります。
そして、ドからレへ、というように、ピアノと同じ音程で、音程をよく確かめながら声を出してみてください。
ポイントは、一音ずつゆっくりと確認していくことです。
一音ずつ発声することが達成できたと思ったら、次の段階に進みます。
ピアノでドレミファソラシドと連続で弾き、同時に音階をなぞるようにして発声していきます。
この場合、音を録音して確かめてみると、ピアノの音と自分の出す声とのズレがわかりやすいでしょう。
もし音がズレていれば、耳をピアノに当てて再度一音ずつ発声をやり直してください。
音程がピアノと同じように発声できない場合は、その音程が歌っている時にもハズれてしまっているはずです。
徹底的に苦手なところを繰り返し練習して、正しくドレミファソラシドをなぞれるようにしましょう。
これが達成できたら、今度はピアノをドシラソファミレドと徐々に低い音程になるように弾き、同様に発声していきます。
音痴を直すには、曲を多く聴いてリズムや音に耳を慣らすことが必要です。
しかし、曲をやみくもに聴いていても全く効果はあがりません。
まずは音を聴き分ける、聴き取る力を高めていく必要があります。
そのためには、正しい音程が順序よく出るピアノなどの楽器が最適です。
音を一つずつ確認しながら、音程を聴き取ることができる耳を育てるようにしましょう。
また、歌う場合に大切なのは、音が下がったり上がったりしたような場合、音程の幅を聴き取ることができる耳をつくることです。
順番どおりにドレミファソラシドを正しく発声できるようになったら、応用としてピアノで2、3音上の音を弾き、のどがその音の移動についてけるように練習してみてください。
だんだんと音の幅を広げていけば、より音感は磨かれていくでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s