高音の出し方について

カラオケや歌ってみたなどで、好きな歌手の歌を歌いたいのに、高音が高すぎて声が出なくて泣く泣く歌うことをあきらめたり、キーを下げざるを得なくなった経験はありませんか?
音域には一人ひとり個人差があり、音域があるから歌が上手い訳ではありませんが、あまりにも狭いと今の歌は高い歌が多いので、なかなか1曲歌いこなすことは出来ません。
高音を出すことが苦手だという方は、地声が若干低い可能性があります。
地声が高い人よりも地声が低い人のほうが多いので、低音に比べて高音を苦手としている方は、実は多いのです。
しかし、低音と違って毎日のボイストレーニングで高音を出すことは可能なのです。
高音を出すコツは、遠くへ向かって歌うようにイメージしながら歌うことです。
その為には、おでこや頭上へ突き抜けるような感じで歌うように心がけてください。
これをヘッドボイスといいます。
ですが、このとき決して叫ばないでください。
叫んで一時的に高音が出たとしても、喉に負担がかかることになってしまい、結果として喉を痛めてしまいます。
そして、高い声を出そうとすると皆さん大体、意識してしまって、急に肺呼吸になってしまうので息をきちんと吸うことも重要です。
姿勢は腰を少し下げ、お腹に力を入れるよういしきすることで高音を出しやすくなります。
高音を出す時の姿勢で注意が必要なのは、顎を上げず、低音の時と一緒の姿勢を取ることです。
首が痛くなるくらい力が入ってると声帯は正常な動きができなくなり、その姿勢を続けていると癖がついてしまうのでそうなってしまっている方は軽く首をふりながら唄ってみると改善されるのでやってみてください。
あくまでも、力を入れるのはお腹と脚の付け根のあたりだけで、喉を意識せず、リラックスして行うことが重要です。
これでも高音で苦しくなるという方は、腹式呼吸ではなく胸式呼吸になっているので腹式呼吸のトレーニングをしましょう。
それから、音域広げるのに女性歌手の歌や高い外国のバンドなどを終始、裏声で歌うようにするのも効果的です。
裏声で歌うと、喉の中にある筋肉の内喉頭筋(ないこうとうきん)が鍛えられ、コレを鍛えることは高音を出す上で欠かすことができません。
そして、1曲丸まる裏声で歌えるようになれば、地声でも高音が出やすくなります。
この方法をできるだけ毎日繰り返してください。
毎日少しずつでもやっていると、1年くらいで高音が楽に出せるようになると思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s