ロングトーンをしっかり出す練習をしましょう

多くのボイストレーニングを行なっている方の中でも悩んでいるのがこのロングトーンではないでしょうか。
ロングトーンは長く息を吐くと言う意味で捉える人も多いですがロングブレスと言ういい方でもいいのではないでしょうか。
実際にボイストレーニングの中では「息が続かない」と言われる方も多いですね。曲の肝心なところ、伸ばさなくてはいけないところでの息切れは尻切れになってしまい、少し格好の悪い歌い方ですね。これはロングトーンの不足によるものです。
ではなぜ息が続かなくなってしまうのでしょうか。これは普段の会話での話し方と歌う時の声が変わることが関わっています。
ロングトーンや歌唱の時に大げさな意識を持ってしまうことでついつい「大きな声を出そう」や「いい声を出そう」「ビブラートかかっているだろうか」などの本来の発声方法での声が出せなくなってしまいます。
ロングトーンをしようと意識しだすと今までの呼吸では息が足りなくなってしまうので余計に歌う時にもっと息を吸わなくてはと「吸う」ことにばかり意識を取られてしまいます。そして余計な息を吸い込んでしまいます。これが大きな間違いです。
歌を歌うことにはそんなに多くの息は必要ありません。余分な息を吸うと入らない物置に物を詰め込むのと同じ状態になります。そして体にプレッシャーがかかってしまいます。体に力みが出て必要な発声が出来ずに違和感のある声が出てしまいます。
逆に歌う時は吐くことを前提に考えることを心掛けましょう。足りない空気は勝手に入ってきます。寝てても勝手に息はしています。
息を吐ききる事が出来るようになると声を音にする時に余分な息が使われることがなくなります。
そうして自然な呼吸が出来るようになってロングトーンも余計な息漏れが少なくなるので長い人では1分位上吐き続ける人もいます。それを出来るようになると音程も安定してくるようになります。

ここでしっかりとしたロングトーンをキープ出来るようになる事で安定した音程で途中で切れないような歌声を手に入れることが出来るんですね。
大事な所でどうしても声が切れてしまう人、長く声を続けて出すことができない、そんな方は是非この「吸う」に意識を持ち過ぎない吐く方に意識を持つように歌うボイストレーニングでロングトーン、ロングブレスを手に入れて貰えればいいなと思います。ちょっとした意識の持ち方の変え方で大きく成長出来るので意識から変えていきましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s