ボイストレーニングを楽しもう

ボイストレーニングは、腕の筋肉や足の筋肉を鍛えのと同じように、練習すればするほど自分の血となり肉となります。本来歌が上手くない人でも、練習をすれば誰でもある程度は上手くなることができますから、できるだけ毎日トレーニングを続けることが大切です。
歌を上手く歌うためには、まず自分の地声を知ることから始めてみましょう。これはプロのアーティストを見てみると分かることですが、普段話している声と歌っている時の声がほとんど変わらないことに気付くはずです。プロのアーティストは、地声で歌うことは最も応用ができ、力強い声を出すことを知っているのです。
これらの方法と併せて、ボイスレコーダーを使うトレーニング法もおススメです。ボイスレコーダーを使って、自分の地声や本来の自分の声を確かめることも重要なトレーニングになります。というのも、普段自分が聞いている声と言うのは、耳の内耳を通して聞いており、多分に雑音が混じっているのです。ですから、留守番電話の声を聞くとまるで全くの他人の声に聞こえるのはこのためなのです。
こうしてボイスレコーダーを通して自分の声を客観的に聞くことは、今まで気づくことができなかった自分のクセや欠点を発見することにも、一役買ってくれることになります。ボイスレコーダーを持っていない人でも、スマートフォンで代用することができるので、わざわざ買う必要はありません。自分の歌声を聞くことは、初めは恥ずかしいかもしれませんが、これも上手く歌えるようになるためのトレーニングだと思って、慣れましょう。
力強い声を出すためには、腹式呼吸をマスターすることが書かせません。プロのアーティストも例外なくこの腹式呼吸をマスターしています。しかしながら、普段私たちは胸式呼吸に慣れていますから、いきなり腹式呼吸の練習をしても上手くコツがつかめないこともあります。腹式呼吸はコツさえつかめれば、後は練習をすれば誰でもできるようになりますが、この初めのコツをつかむのが初心者には難しいです。その場合、まず仰向けになって自分のお腹に手を当てて、そのまま自然に息を吸ってみます。するとお腹が上下に動くことが実感できるはずです。これが腹式呼吸の感覚です。このコツが分かれば後は練習あるのみです。
ボイストレーニングに限らず、好きこそものの上手なれの言葉通り、自分が楽しむことが何よりの上達の秘訣です。歌を歌うことを楽しんで、トレーニングに励んでみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s