滑舌をよくするボイストレーニング

歌を人に伝えるのに、しっかりとした言葉を発音できる事はとてと重要なことになってきます。そこで出てくるのが滑舌です。
一言一言を壱樹しましょう、そしてしっかりと発音します。ゆっくりでもいいので発音をごまかしたりなんとなくで言葉を出すのを辞めてみましょう。
滑舌のトレーニングでは唇や舌のトレーニングをいていくのがいいでしょう。普段よりも強調して唇や舌を動かす様になる、意識することで効果的なトレーニングに繋がります。
初めは同じ音を何回も発声をする練習から始めます。
カカカカカと5回発声してみましょう。それをできれば50音順で全部しましょう。同じ音の連続の発声をすることで苦手な子音がわかります。そして苦手な音の発声を鍛える事もできます。この中でも特に要注意なのはカサタナマラガザダバパです。
この音は特に引っかかりやすいので重点的に練習しましょう。母音はアだけではないのでそれ以外にもたくさん苦手なところがあると思います。イウエオもしっかり練習しましょう。
これを繰り返し鍛えることで滑舌に必要な筋肉が鍛えられます。

では次に早口言葉で発音の難しい単語にトライしてみましょう。
早口言葉は発声が難しいので単語を並べて作られている言葉なので積極的に読むことで滑舌が鍛えられます。早口言葉を滑舌を鍛える為に使う場合はゆっくり読んでも効果があります。まずははっきり正確に発音をすることから心掛けましょう。そしてどんどん早く正確な発声をしていきましょう。
効果的な早口言葉をいくつか挙げます。「バスガス爆発」「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」「赤巻紙青巻紙黄巻紙」「この竹やぶに竹立てかけたのは竹立てたかったから竹立てかけたのだ」「集中術著者手術中」などです。プロやアナウンサーの練習訓練でも使用されるものです。他にもいろんな早口言葉があるので是非覚えて滑舌のボイストレーニングに活用してください。
滑舌の悪い人の共通点はサ行、タ行濁音が不鮮明になることが多い印象があります。また口の大きな開きが足りないので大きく開くことを意識してみましょう。そして自分の苦手な発音を把握して行くことで劇的に滑舌が変化するのではないかと思います。
歌うことに滑舌は大きく関わることになると思いますので是非、この簡単な方法で家でもちょっとした時間でもできる事なのでこまめに意識的に毎日やってみましょう。確実に前の自分と違うのがわかると思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s