ボイストレーニングのやり方

 ボイストレーニングをすると自分が気づいていなかった歌い方の癖に気づくことができます。歌うことが苦手な人はなかなか自分の悪い癖に気づきにくいものですが、ボイストレーニングで自分の癖に気づけることで、歌がうまくなります。正しい歌い方は将来、ボーカルとして活動したりする際にとても重宝されます。では、どのようにしてボイストレーニングをしていけば良いのでしょうか。
 ボイストレーニングに限らず、姿勢というものはとても重要になります。歌う時は上半身を曲げないようにしましょう。上半身が曲がっていると、お腹に力が入れにくく、腹式呼吸がしずらくなります。声量と音域を上げていくためには腹式呼吸が可能な姿勢を保ちます。起立した状態で、肩幅ぐらいに足を開いて、尻は横から見て後ろに突き出ないように力を入れて、キュッと引き締めましょう。また、前かがみになったり、後ろかがみになったりしないように重心を足元にかけます。さらに、肩の力を抜いてリラックスすることも忘れないようにしましょう。肩に力が入ると、喉の筋肉を圧迫してしまって、声が良く出なくなります。頭は顎を上げすぎないように注意します。これらを踏まえて、正しい姿勢をマスターしましょう。
 初段階のボイストレーニングの目標はドレミファソラシド・・・の音階が発声できるようになることです。ピアノで実際にそれぞれの音階を弾いてみて、その音を発声してみます。最初はどの音が何なのか分からず難しいですが続けていくうちに、音階が分かるようになります。また、この練習をする際には必ず、上記で説明した姿勢と、腹式呼吸を使うことを忘れないで下さい。
 ここで、声量を上げていきます。まずは、肩や胸ではなく、お腹が膨らむように意識しながら、鼻からいっぱいに空気を吸いましょう。そして、吸い込んだ息を吐いていきますが、一気に吐くのではなく、ゆっくり、お腹の萎んでいく様子を確認しながら吐いていきます。また、笑顔で吐いて下さい。外から見るとちょっと不気味ですが、こうすることでロングトーンという息を長く吐くスキルが身につきます。この練習は姿勢を選びません。立っていても、座っていても良いです。毎日実行すらば、自分で声量が上がっていることが実感できるはずです。
 歌うときはメンタル面も重要になってきます。暗い気持ちで歌っても暗い声しか出ませんし、聴いている方も暗い気持ちになります。日頃に練習から、笑顔を作って練習していきましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s