歌を上手く歌うコツにリズム感をトレーニングする方法

歌を上手く歌うコツにリズム感をトレーニングする方法があります。リズム感は身体にしみこませるのがベストです。と、口で言うのは簡単なのですが実践するのは難しいのが悩みどころですね。曲のノリやグルーブ感も大切ですが、それだけではリズムは身に着けられません。どうしてもタイミングがずれてきます。メトロノームがあるのはリズムを正確に身に着けるためです。機械的なリズム感という意味ですね。リズムをトレーニングするには、耳だけでなく足先、指先まで身体でリズムを感じることです。リズムを身体の中心で感じながら、手足を動かしてみると良いでしょう。身体に余計な力を入れずにリズムに合わせて手や指を打ってみましょう。自然に踊りだすように音にノルことが大切です。身体全体で音楽を感じます。それに慣れてきたらリズムに合わせてカウントを取っていきます。慣れてきたらよりリズミカルに身体を動かしてみます。メトロノームに慣れてきたら今度は自分で歌いながらリズムを合わせてみましょう。その際息継ぎを正しく行わないと、リズムがだんだんとずれていきます。ブレスはただ単に息を吸う事ではなく、次の発声への布石となりますから、ブレスまでもリズムに組み込まなくてはなりません。歌手の方の息継ぎの仕方を見てみてください。リズムを崩さず音楽の一部としてブレスを使っていることがよくわかると思います。わからなくなったらそういったお手本をみながら練習すると良いです。また曲調が極端に早いか遅い場合もリズムを合わせにくくなります。テンポが速い場合、細かい拍の刻みではなく大きな流れでリズムを区切ってみるといいかもしれません。自分が取れるリズムで合わせていくのがコツですね。逆に遅い場合は短めに拍を取っていきます。8拍で細かく刻んでいきましょう。リズムを刻めるようになったら声に出して歌いましょう。テンポが速くても遅くても、アレンジを加えて一度身体にリズムをしみこませることによって、通常のテンポに戻ったときも対応できるようになります。歌う時に一つ注意していただきたいのは、リズムを合わせようと意識するあまり、音が物切れにならないようにしましょう。リズムを意識して、声をのびやかに保つように歌うのがミソです。リズムを合わせられるようになれば、あなたの歌声を聞いている人も心地よく聞くことができます。声量と音程が適正であれば後は歌に込める感情、これがそろえば完璧です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s