腹式呼吸について

ボイストレーニングのはじめの一歩は、腹式呼吸を理解し、マスターすることです。

まずは、腹式呼吸を正しく理解しましょう。
人間の呼吸は、胸式呼吸か腹式呼吸のどちらかです。
ボイストレーニングや歌のレッスンをしたことがある人、金管楽器や木管楽器を演奏する人は、腹式呼吸を既に習得済みだと思います。
腹式呼吸を習得済みでも、常に腹式呼吸をしている人と、必要な時だけ腹式呼吸をしそれ以外の時は胸式呼吸をしている人がいます。
呼吸に関して何もレッスンを受けていない人は、概ね胸式呼吸をしています。

では、胸式呼吸と腹式呼吸の違いを説明します。
文字から読み解くと、胸式呼吸は胸で呼吸し、腹式呼吸は腹で呼吸をするということになりますが、実際は違います。
実際は、胸式呼吸は胸で呼吸しているように見え、腹式呼吸は腹で呼吸しているように見えるのです。
しかし、どちらも、肺で呼吸をしているのには変わりありません。
違いは、息を吸った時の、横隔膜の位置です。
胸式呼吸は横隔膜が高い位置にあり、腹式呼吸は横隔膜が低い位置に下がります。
横隔膜が高い位置にあると息の入るスペースが狭いですが、低い位置に下がると息の入るスペースが広がります。
これは、胸式呼吸より腹式呼吸のほうがより多く息を取り込めるということです。

横隔膜を低い位置に下げるといっても、イメージしにくいですが、お腹に息を入れるというとイメージがしやすいと思います。
息を吸うとき、お腹を膨らませ息をお腹に入れる、息を吐くとき、お腹をへこませ息をお腹から出す、こういうイメージで呼吸をします。
立った状態で腹式呼吸をするのは難しいので、自然に腹式呼吸ができる体勢で、一度体感してみましょう。
仰向けになって寝て、自然に呼吸をしてみましょう。
手をお腹に当てるか、お腹の上に本を置くなどしてみましょう。
お腹がが上下するのがよくわかると思います。
これが腹式呼吸です。
再び、立った状態で、この呼吸法を練習しましょう。

お腹に意識を置き、繰り返し練習することで、腹式呼吸は習得できます。
呼吸が安定したら、腹筋を使い、息の量や長さをコントロールします。
ゆっくり息を吸って、腹筋で安定させる、一旦息を止めて、再びゆっくり息を吐く、これを何回も繰り返します。
息を吐くトレーニングは声を出すことに直接つながるので一番重要です。
数秒間、一定の量、一定の太さで息を吐く、とイメージしてください。
息の量を安定させるには、腹筋の強化が必要です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s