お腹から声を出すための、腹式呼吸のやり方

私はよくカラオケに行くのですが、周りが歌っているのを聴いていると、よく喉で発声をしている方がいます。喉で発生している人の歌は正直あまり上手いものではありません。というのも、喉に頼った発声では十分な声量がでないからです。しかも歌っている本人も喉自体を痛めてしまって、何曲か歌うだけで声がかすれてしまいます。喉に頼った発声をするのではなく、腹式呼吸をすればこういうことはなくなります。腹式呼吸をきちんとマスターして、お腹全体から発声できるようにすれば、もっと歌が上手くなるのです。しかもお腹からの発声をすれば喉を痛めることむないので、これまで以上に長く歌えますから、カラオケがもっと楽しくなるはずです。
腹式呼吸のやり方を説明します。まず鼻でゆっくり息を吸い込みます。この時、おへそが背中に引っ付くくらいの気持ちでお腹をへこませます。また同時に、おなかに手を当てて、お腹ががへこんでいくのを確認しながら息を限界まで吸い込みます。何度も練習して、10秒くらいで限界が来るよう吸い込む速さを調整できれば、練習の効果はさらに高まります。限界まで息を吸ったら、数秒その状態をキープします。そして今度は吸った時と同じ時間で、口からゆっくりと息を吐きだします。この時も同時に手をお腹に当てたままで、お腹が元に戻っていくのを確認しながら行います。限界まで息を吐ききったら、数秒その状態をキープします。そしてまた初めに戻って息を吸う、後はこれの繰り返しです。一日一回3セットから、5セットを毎日繰り返せばよいと思います。この腹式呼吸の感覚は慣れていないとすぐに忘れてしまうので、毎日練習をしましょう。
腹式呼吸の練習をするときは普通立ったままか、椅子に座って行うのが一般的だと思います。中には腹式呼吸の感覚がどうしてもつかめない方がいると思いますが、大丈夫です。実際私も感覚がつかめない一人だったのです。では私はどうしたかというと、仰向けに寝転がりながら、腹式呼吸の練習をしたのです。これは感覚がつかめない人にすごくオススメです。
やり方は簡単で、寝転がってお腹に手を当てて、おへそが床に引っ付くくらいの気持ちで先ほど上で説明した練習をするだけです。おそらくこれで苦手な人も、腹式呼吸の感覚がつかめると思います。一度腹式呼吸のやり方をマスターすれば、後は意識しなくても自然とできるようになります。腹式呼吸の練習は毎日することがとても大切なので、あきらめずに頑張ってみましょう。必ずできるようになりますから。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s