ボイストレーニングと腹式呼吸

ボイストレーニングとは、喉や舌などを鍛え声を大きくする、高い声をぶれなく出せるようにするなど発声関連の練習・訓練をする事です。
歌手やアカペラ歌手など声を出す事を仕事としている人以外にも、最近は音痴の人や歌が上手くなりたいなどの理由からボイスとレーニングする人が増えています。
ボイストレーニングというと、ただ、声を出していれば良いと思う人もいるかもしれませんがあまり効果は無く、喉を痛めるだけで逆効果です。
声を鍛えたいと思っているのであれば一番最初にするべきことは腹式呼吸トレーニングであり、声を出す発声練習はその後でもかまいません。
何故腹式呼吸が一番大切かというと、胸式呼吸に比べ腹式呼吸の方が入る息の量が多く、息のコントロールをしやすいので声を出す時負担が少ないからです。
声を出す時は息を吸って吐いて空気を体に取り込んでから出します。
取り込んだ息の量が多ければ長く声を出し続ける事ができ、大きさも自由に変えることができるので、取り込んだ量は多い方が声のコントロールがしやすいのです。
胸式呼吸の場合は、息を吸うとき胸や肩が動き、余計な力を入れたまま発声しなければならないので負担が大きく、腹式呼吸の場合は横隔膜を上下させて呼吸するので空気が入りやすく、肩などを動かす事が無いので自然体で発声できます。
腹式呼吸のやり方は簡単ですが、おへそから5センチ下にある丹田を意識して呼吸してください。
丹田に手を当て、膨らませるような感じで鼻から息を吸い、その後は、お腹をぺしゃんこにする感じで口から息を吐き出し、吸う時より時間をかけて吐くことが大切です。
ただ、腹式呼吸をしても無駄に息が漏れてしまえば意味が無いので、声を出す際の息の量などを調整し、横隔膜の使い方を極め息をコントロールしましょう。
息が無駄に出て行かない状況の事を「声の支え」といいますが、これは、感覚をつかむのが難しく、何度もトレーニングしないとつかむ事はできません。
自己流でトレーニングするよい、専門のボイストレーナーが付いた方がやり方が理解しやすいので、余裕のある人は専門教室に通った方が良いと思います。
市販のボイストレーニング本にもやり方は掲載していますが、文章だけではわかりにくいこともあるので、youtubeなどのボイストレーニング動画などを見て研究しましょう。
腹式呼吸を極める事ができたら、発声練習になります。
発声練習を極めると色々な声質の声が出せるようになったり、音程がぶれなくなりますが、毎日の練習が重要ですので、頑張って続けてください。
初めてボイストレーニングする人は腹式呼吸を極めないと次の練習に勧めないので、気合を入れてトレーニングしましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s