ミックスボイスと声帯閉鎖

高音になると音が不安定になって声質が変わったり、綺麗な歌声が出にくいといった悩みは、ボイストレーニング初心者にとって悩ましい問題ですし、つきものです。
それらの原因として考えられることは、地声で無理やりに高い音を出しているといったことや、高い音になると自然と裏声に切り替わっていて声が弱くなるといったことが挙げられます。
それらの問題を解決するには、ミックスボイスを練習しましょう。
地声と裏声のいいとこ取りが叶えられたミックスボイスでは、地声の声量と声質のダイナミックさを維持しながら、裏声のように喉にやさしく繊細で美しい歌声を奏でられます。
ミックスボイスの練習には、感覚をつかむことが求められます。
自転車の練習をして乗れるようになったら乗り方を忘れないように、ミックスボイスの出し方というものも一度体で覚えれば忘れにくいものです。
喉や声帯、そして声の質などに意識を注ぎながら、よい感覚を身につけましょう。
ミックスボイスを出すためには、声帯を閉じる力を鍛えることが求められます。
ミックスボイスは裏声ですが、ファルセットのような弱い声質では無く、地声のような性質を持っています。
その理由として、息が漏れていない裏声ということが挙げられます。
口の前に手を当てて、裏声を出してみた場合、声帯がちゃんと閉じられていない場合には息が漏れてしまいます。
ボイストレーニング初心者の方に多いですが、少しの練習で改善できるので安心してください。
声帯というものは、二枚のヒダで出来ています。
二枚のヒダどうしが合わさって振動すると、声が発生します。
二枚のヒダの隙間を閉じるほど、声帯が震えやすくなるので声が強くなります。
これらの原理によって、裏声でも芯のあるしっかりとした声であるミックスボイスを維持できるようになります。
声帯というものは、息を止めた状態の時に閉じています。
反対に、息を吐いているときには、空気を多く通すために開いた状態になっています。
つまり、ミックスボイスは息を止めた時の声帯の状態を覚えればよいということなので、声帯を閉じる練習をすることが求められます。
息を止めたり吸ったりしながら、まず喉や声帯の状態をイメージしてみましょう。
慣れてくると、カメラのシャッターを押す時のように、息を細かくとめながら「ん、ん、ん、ん、ん」というような感じで、声を出してみます。
息を止めた後の声が、詰まったような強い声になった場合には、声帯が閉まっている状態で声を出せていることになります。
また、理解しやすい方法として、声帯が閉まっている息を止めた状態で声を出すことによっても、声帯閉鎖は練習できます。
声帯閉鎖の感覚をつかむには、呼吸を意識しながら声を出すと良いでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s