滑舌と表現力を身につけるトレーニング

子供のころ唇を突き出して振動でブルブル言わせ、それで音階を作ったことはありませんか?つばが飛ぶからやめなさいと言われたこともあるかもしれません。この方法で歌うなんてことをした人は経験から知っているかもしれませんが、この唇ブルブル法はかなり高い音まで出るのです。
実はこれはリップロールというれっきとした発声練習法なのです。この練習を行うことでのどに負担をかけずに発声する方法を学べるほか、空気の通り道をほぐすことになるので、歌う前はもちろん人前で話すときなど緊張しやすい時の前に行うと自然と通る声が出やすいのです。声が出やすいということはすなわち高い声も出せるようになることを意味します。
また声帯をコントロールできるようになるので、より細かい空気のはき方をマスターし、より長く息が続くようになります。
具体的な方法はまず口、のどの力を抜き、唇を振動させます。その時親指と中指を使って口元を軽く挟むとブルブル言いやすくなります。細かく早い振動ではなく、大きく持続性のある振動を目指します。それができるようになったら同時に「うー」と声を出してみましょう。またそのまま音階を付けてみます。低い音から高い音まで出すために3音ずつドレミ・レミファ・ミファソ・ファソラと順番にやってみたり、ドレミファソファミレド、レミファソラソファミレと続けて歌ってみたりしましょう。
低音と高音を自由に行ったり来たりできるようになれば、喉は随分リラックスして声が自然な形で出ていることになります。
腹筋に力が入っていないと、リップロールをしたときに高音は不安定な音しか出ず音階がぶれてしまいますので腹式呼吸に注意しましょう。
また声帯をリラックスさせるために低音もリップロールで出してみます。ドシラソファと順に低くしてみましょう。
リップロールで歌を歌えるようになるころには喉に負担をかけない発声ができていることでしょう。喉に負担をかけないことは声の質だけでなく、真剣に歌を志す人にとって重要です。長時間の、また毎日の練習に声帯は耐えなければならないのです。声帯が無理をすれば声は割れ、喉を痛めてしまうので練習はできなくなります。
心地よく声が出せる呼吸、発声法をするというのは実に合理的だと思いませんか?そのような基礎をしっかり身に着けることによって更に進んだレッスンを受ける準備ができ、実際に歌を歌うときに必要な表現力を支える音楽の基礎体力とも言うべき技術を身に着けることになるのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s