ボイストレーニングの利点とレッスン

ボイストレーニングを行うと、声質や声量が変わることから普段の生活にも良い影響が出てきます。簡単なところでいえば大きな声を出さなくても声が通る、カラオケで高得点が出るようになるなどです。ボイストレーニングを始めようとする人は何らかの目的を持っている人が多いです。私の高校時代の友人も当時からボイストレーニングに通っていて、文化祭で全校生徒の前で歌を歌っていました。大学時代も続けていたようで歌手を目指していました。

ボイストレーニングと言えば歌手を想像しますが、今は声優も人気があり養成所がたくさんあります。プロの歌手も声優も素人からのスタートになるので、発声から歌い方、話し方の技術に至るまでの全てを学ばなければなりません。独学でなくプロの先生のレッスンに通うことが目的を達成するための近道です。

プロの歌手と素人で違うのは声量と音域です。テクニックなど細かく言えばたくさんありますが、明らかに違う点がそれになります。声量を上げるには声の筋肉や呼吸方法、姿勢などを指導してもらいますが、大声を出すのとはまた違います。地声の質を変えていくトレーニングになります。音域は基本的には低音域の領域を広げることはできないので、高音域の音を出すレッスンを受けることになります。歌を歌う前に声の質を変えていくことは重要です。何曲歌っても疲れない喉、それに体力も必要です。前述した高校時代の友人はバスケット部に所属していました。観客の前で何十曲も歌うプロの歌手も同様で、普段から声以外のトレーニングも欠かせません。

一般の人にとってボイストレーニングをすると良いことがあるのは、やはりカラオケです。採点ゲームなどで競うとその成果の現れが目に見えます。音痴なので歌いたいけど歌うことが恥ずかしいと思っている人は、ぜひトレーニングに通って見るべきです。頭の中ではしっかりと正しい音を認識していても、声に出す時に音が外れてしまう場合も良くあります。そういったカラオケを上手く歌うためのレッスン教室もあるので、ぜひオススメします。

私がよく行くカラオケの採点ゲームで重視されるのは、音程だけでなくリズム、声量、抑揚など多岐に渡ります。音程と声量はボイストレーニングで実力アップが目指せます。リズムは自分の歌いたい歌を何度も聞くこと歌うことによって、自然と体が覚えます。歌う以外のカラオケの練習というのは曲に何度も触れることです。どこに行く時でも何をするときでも常に聞いていれば、間違いなく自然と歌が上手になってくるはずです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s