ボイストレーニングによる腹式呼吸のやり方

ボイストレーニングで基本となるのは、腹式呼吸のやり方です。
これを学ばないとどんな歌を歌っても良い声が出るようにはなりません。
たとえ声の質が良くなかったり、ハスキーボイスだったとしても、腹式呼吸で訓練して
出るようになった声は、真っ直ぐに通る声に聴こえます。

腹式呼吸は胸式呼吸と違ってお腹を膨らませながら息を吸うので、姿勢も大切になります。
まず、真っ直ぐに立って両脚を方の幅に開きます。
お腹に手のひらを当てて、腹筋の位置を確認します。
この時、背中は真っ直ぐよりも少し反り返る形で、お腹を前に出した方が空気を取り込み易くなります。

次に息を吸うのですが、慣れないうちは鼻よりも口から息を吸った方がやり易いです。
一気に「はあっ」と吸うのではなく、口を小さくすぼめて「すぅーっ」と音を絞りながら吸っていきます。
お腹が膨らむのを確認しながら少しずつ吸っていきましょう。

次は息を吐く練習をします。
息の吐き方は細かく「はっ」「はっ」と、横隔膜を反動させて息を塊にして押し出すようにします。
この時は胸の部分を使わない様にして、気持ちを自分の喉の声帯の部分に集中させるようにすると
上手に息が吐き上がってくれます。
お腹がヘコヘコと上下して、器官の部分が振動するような手応えがあれば、上手に息が吐けています。

この息の上に声を乗せるのですが、最初は音程が無くても構いません。
お腹から空気を送り出しながら、「あ」の声だけを深く響かせるような気持ちで声を出しましょう。
喉が痛くならないようでしたらその次に「あ」だけでドレミファソラシドの音階を上がったり下がったり、
ゆっくりと繰り返します。

ここまで出来るようになれば、腹式呼吸で歌う準備ができました。
ところが腹式発声が出来ていても、いざ歌を歌うと胸式に戻ってしまう人もいるのです。
どうしてでしょうか、それは、音程をきちんと把握していないからです。
ズバリと音を出せずに探りながら声を出していると、自然と息が上の方、胸の方に集中してしまいます。
まずは歌いたい歌を完全に覚えて、メロディーを1音ずつ把握することから始めましょう。

サビの部分は殆どの歌で高音を出すようになっています。
最初は無理をせずに、サビ前まできっちり腹式呼吸で歌えるかどうかを確認しながら進めた方が良いでしょう。

最後に、ビブラートについて説明します。
声にかかるビブラートは、喉に負担をかけない様に息を抜く時に自然と声帯が振動して出るものです。
無理に上手に聞かせようと声を振るわなさなくても、腹式呼吸で歌の練習をすれば出来るようになりますので大丈夫ですよ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s