口を正しく開くボイストレーニング方法とは

ボイストレーニングを実践することによって、喉を痛めない安全な声の出し方を体に覚えさせてあげることが出来ます。
ボイストレーニングは音楽にも素晴らしい効果がありますが、お店などで大きな声で呼び込みをおこなったり、長時間接客をされる方など、ビジネス面においても知っておいた方が良い知識を身に着けられます。
喉に力が入った発声方法は、声帯を傷つけてしまう原因になるので、声枯れや声質の劣化などを引き起こしてしまう場合があります。
ボイストレーニングでは、お腹の筋肉を使って、正しく口をあけて、軟口蓋を使用することで声を響かせるといった多くの技術を体に覚えさせることが出来ますので、どなたでも大きく響いて聞き心地の良い声になることが出来ます。
声帯に負担を強いることも無いですし、より声質を向上させるといった効果が期待できるので、多くの場合ボイストレーニングをしておくと得をします。
ボイストレーニングによって、あなたの声がコミュニケーションにおいても相手に好印象を与える要素になります。
ボイストレーニングでは、声を出すという作業を楽しむことが大事です。
女性の方など、口を大きく開けてさまざまな声を発するといったことは、少し恥じらいを覚えたり抵抗を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ボイストレーニングの間はそのような恥じらいを一度忘れて、吹っ切れて発声する方がおすすめです。
また、教室やレッスンなどによる集団でおこなうものもありますが、個別指導のものや、自宅で本やDVDなどの教材を相手にボイストレーニングを楽しめるものもありますので、そのような方法を選択してみるのも良案かもしれません。
効果的なボイストレーニングをするには、正しく口をあけることが求められます。
やみくもに口をただ大きく開けたり、横に開いたりするだけでは、喉にとっては良い状態であるとは言えないからです。
あくびをする時のように、リラックスした状態で口を開けてみましょう。
実際にあくびをしてしまうと、喉が下がりすぎるので、あくびをこらえているといった状況を再現して、口を開きます。
わりと大きく口が開いているのでは無いでしょうか。
そして同時に、口の内部では、大きな空間が生まれています。
この空間が、喉のリラックスを助けてくれ、良い声を出せる秘訣です。
また、やっている最中は少々恥ずかしいのですが、割りばしを2膳用意して、口を開けるトレーニングをする方法もあります。
それぞれ口の左右に、手で持つ方の部分を縦にして咥えてあげると、正しい口と喉の開き方を実践することが出来ます。
高音のトレーニングの際にも、この方法はおすすめです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s