腹式呼吸を身に着けるコツ

歌の技術を上達させたいと思った時には、まず正しい方法での発声技術を身に着ける必要があります。

発声で一番重要になるのが呼吸法ですね。
喉から声を出していると、太い声も出にくくなりますし、歌を歌い続けることで喉を悪くしてしまいます。

喉を傷めたくないと思った時には、お腹の中から声を出す腹式呼吸が重要になるのです。

腹式呼吸を行うためのレッスンは様々あるのですが、まずはお腹の筋肉を鍛える必要があります。
お腹の筋肉を鍛えれば横隔膜もスムーズに動かすことができますので、苦労なくお腹の中から声を出すことができるようになります。

まずお腹の筋肉を鍛えるためには、腹筋などを毎日持続して行う必要があります。
毎日続けることにより、力のなかったお腹にしっかりとした筋肉をつけることが可能になるのです。

また腹式呼吸を行うためには、背中の筋肉も同時に鍛える必要があります。
声を出してみた時、お腹だけではなく背筋にも力が入りますね。

お腹と背中の筋肉はつながっていますので、ただ腹筋を鍛えるだけでは確かな効果を実感することはできません。

うつぶせで横になった状態で上半身をそらす運動を続けることによって、効率的に背中の筋肉を鍛えることは可能になります。
このように、まずはお腹、背中の筋肉を鍛えることで、楽に腹式呼吸を行える下地を作っておく必要があるのです。

腹式呼吸を身に着けるためには、体を鍛えるとともに実践的な訓練も行っていく必要があります。

まず腹式呼吸を意識した練習を行う時には、息の吐き方が重要になります。
基本的に腹式呼吸では鼻から空気を吸って、口から吐き出す形で行っていきますね。
充分な声を出すためには、体の中から充分に空気を吐き出す練習を行う必要があります。

まずは背筋を伸ばした姿勢で立ち、思いっきり息を吸った後限界まで息を吐き出す訓練を行いましょう。
この時背中が曲がったままだとお腹に力が入りにくくなるため、背筋は必ずぴんと伸ばす必要があります。
最初の内は腹筋が痛いかもしれませんが、徐々に吐き出せる空気の量も増えていきます。

さらにこの呼吸法に慣れた後は、実際に声を出しながら練習してみるとよいです。
声を出しながら行う腹式呼吸では、できるだけ同じ息の強さや、一定の声の大きさを保てるように意識して行うことが重要になります。

この方法を続けることにより、歌を歌った時、十分な声量や声の大きさのムラなく歌い上げられるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s