ボイストレーニングとは

ボイストレーニングについてご説明したいと思います。
ボイストレーニングは歌手や声楽家など、声に関する職業の方ものと思ってはいませんか。
しかし、ボイストレーニングはカラオケを上手に歌いたい方や、普段聞き取りにくい声の方にも効果のあるものです。
ボイストレーニングは声の質を高めていくものと言えます。
声の質を高めていくと、今まで出なかった高い声や、ハリのある伸びやかな声が出るようになります。
声が暗い、声が小さいという事で悩んでいる方は意外と多いものです。
ボイストレーニングをして、そのようなコンプレックスを解消してみませんか。
声の印象が良くなると、全体の印象も変わってきます。
明るく印象の良い声は、その人の印象そのものまで良くします。
ボイストレーニングは、教室に通って習うという方法もありますが、自宅でトレーニングするという方法もあります。
そこで自宅で気軽に行えるボイストレーニングの方法をご紹介したいと思います。
まず、ボイストレーニングを行う場合は、背筋を伸ばして行います。
その時に、無駄に体に力の入らないようにします。
また、ボイストレーニングを行う前に軽くストレッチをしておくと良いでしょう。
次に、複式呼吸をしていきます。
腹式呼吸はボイストレーニングの基本です。
腹式呼吸は、へその下にある丹田を意識して行います。
鼻からゆっくりと息を吸っていきます。
丹田を意識して、お腹に空気がたまるようにゆっくりと吸っていきます。
十分に息を吸ったら、次に吐き出していきます。
吐き出す時は、口から吐き出していきます。
口からゆっくりと息を吐き出します。
お腹の中の空気を全て吐ききります。
こういった腹式呼吸を10セットほど繰り返して行います。
腹式呼吸を毎日行っていくと、腹筋が鍛えられて声がよく出るようになります。
初めは要領がつかめないかもしれませんが、毎日続けていくと段々と出来るようになります。
10分くらいでも毎日続けましょう。
腹筋が強くなると、声がコントロールしやすくなります。
腹式呼吸は内臓も強くなるので、体力をつけたい方にもおすすめです。
次に声を段々と大きくしていくボイストレーニングもおすすめです。
最初は大きな声はなかなか出ませんが、トレーニングしていく事で段々と出るようになっていきます。
その時には、喉で声を出さないように注意しましょう。
ボイストレーニングをする時は、喉を傷めないように注意して行う事が大事です。
喉が痛いな、と思うときには無理せずに行いましょう。
ボイストレーニングは、明るくハリのある声を手に入れるのに有効なトレーニングです。
無理せずに行う事が、長続きする秘訣です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s