ボイストレーニングの基本について 〜姿勢・腹式呼吸〜

こんにちわ。
ボイストレーニングで重要な、いくつかの方法に関して解説していきたいと思います
まず、ボイストレーニング、即ち美しい声を奏でることを目指すということは、
呼吸の在り方を改善していくことにあります。

あとは、姿勢、目線、歩き方なども改善する点があったりしますが、
まずは呼吸に関して解説していきましょう。

呼吸とはすなわち、外にあるエネルギーを内に引き込んで吐き出す行為です。
なのでこれを浅くしてしまうと、外から得るエネルギーも、吐き出すエネルギーも小さくなってしまいます。
ですから、これを、深く行います。
具体的には、まずおなかに空気がいっぱいたまるのを想像して、スーツッと空気を吸い込みます。
この時、イメージしやすいようにすーっ、と、実際に声に出してやってみるのもいいかもしれません。
そしてその状態で一秒間キープします。これは物事をゆるやかに行うのを目的としており、
ひと段落置くことで次の吐くという行為をよりスムーズに行えます。
そして空気を吐き出します。このときも、ふーっ、と、実際に声に出してやってみるのがいいかもしれません。
ここは、それぞれ10〜30秒間を目安として、ゆっくり行ってください。
これが腹式呼吸というもので、まさに腹を、そして全身を使って呼吸する呼吸法なのです。
この際、できるだけ目線は上の方に保っていてくださいね。空気を吐くときは、下の方に持って行ってもいいでしょう。

次に姿勢についての訓練をしていきます
まず、リラックスしてください。だらーっっと、するのではなく、リラックスするのです。
そう、例えるなら宙に浮いている感じで、体全体が軽くなっているのをイメージてください。
その状態に体中に存在する筋肉に微弱な電気を流すイメージです。そうやって姿勢を保ってください。
目線は上を向き、どちらかの足を少し後ろに下げるといいでしょう。
手は力を抜いた状態でおなかの前に緩やかに交差させます。
こうすることで発声する際のおなかと体の振動を感じることができ、よりスムーズに、かつ自信を持って発声練習を行うことができます。
力を籠めたいときは、手をほどいてみてもいいでしょう。

その他注意すべき点として、普段から姿勢をまっすぐして歩いたり、生活することを心がけてください。姿勢が悪い状態で何かをするようなことは、できるだけ避けてください。
目線は上を向き、背をまっすぐ伸ばしてすべてを行うことが理想です。
こうすることで心身ともに前向きになり、精神的にも、肉体的にも美しい声を出すという行為のための基本が整っていきます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s