腹式呼吸をマスターしたい!基礎知識とただしいカラダの使い方

いい声を出すためには、何と言っても「腹式呼吸」が重要です。
ただし、呼吸法さえマスターすれば完璧、というものでもなく、
「腹式呼吸」をふまえた上手なカラダの使い方を覚えていくのが、
本当の意味での「ボイストレーニング」といえます。
今回は、腹式呼吸の基本的な知識を説明したうえで、上達のコツをお話します。
そして、本当は教えたくない「腹式呼吸をベースにした正しい声の出し方」について、
こっそりお教えいたします。

「腹式呼吸」とは、胸の筋肉を動かさずにお腹に空気を入れて呼吸をすることです。
華から徐々に息を吸い込んでいき、おへそのところに息を到達させるイメージです。
腹式呼吸がうまくできるようになると、呼吸の際に肩や胸は動きません。
お腹に空気が届いたら腹筋を使用して、空気を維持する訓練をします。
腹筋と背筋を鍛える事で、吸い込んだ空気をコントロールする感覚を養います。

この「空気をコントロールできるようにする」という部分が、
ボイストレーニングでいきてきます。
空気をコントロールできるようになると、うまく「息を使って」声を出す事が可能になります。
ここまできてはじめて、声量あるのびのびとした発声をすることができるというわけです。

最後に、息を吸うときの上手なカラダの使い方を説明していきます。
「お腹に息を届けよう」と意識するあまり、腹筋ばかりに気をとられてしまうのはNGです。
腹筋と背筋を同時に使用することで、お腹の下の方「丹田」と呼ばれる箇所に負荷をかけるイメージです。
カラダの重心が下に下がると、足を踏ん張ったような状態になり、
パワーのある声が出るようになります。
上手にできれば、重いものを持ち上げる瞬間のような感覚がするかと思います。

普段使わない部分の筋肉を使用するので、
最初のうちはただ息をするだけで疲れてしまうほどの運動量があります。
ずっと続けていると、だんだんその状態が自然になってきて、
意識しなくても声を出すときにはカラダを同じ状態に持っていくようになっていきます。
ここまでくれば、いつでも素敵な声が出せる状態です。

ボイストレーニングを甘く見ていた方は、過酷さに驚くかもしれません。
実は、ボイストレーニングはジムに通ったりジョギングをするのと同じ位大変なエクササイズなのです。
続けていれば素敵な声と引き締まったからだが同時に手に入ります。
とくにお腹に効果があるので、ウエストラインが気になる女性にはもってこいだと思います。
良い事尽くめのボイストレーニングに、ぜひ挑戦してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s