声量アップのコツとは

歌唱力を高めるにあたっては、腹式呼吸をして、自分が出せる声の高低の幅を広げたり、声を響かせることが大切になってきます。
とくに、声を響かせるといったことは、声質を磨いたり声量を上げることにあたっても欠かせないことです。
ボイストレーニング初心者にとって、声量とは悩ましいものであることが多いです。
音楽に声が負けてしまったり、声を大きくしようとしても限界があるように感じてしまうことも多いのではないでしょうか。
しかし、共鳴や響かせ方を覚えることによって、もっと声量を増やすことが出来るのです。
叫んだり、地声を張り上げたりして、やみくもに大きな声を出そうとすると喉を痛める危険性が大きいですし、歌声には適さない声質になってしまいますので、やってはいけません。

声が響く感覚を体感するためには、ロングトーンを練習してみることがおすすめです。
ロングトーンをやる前に、意識しておきたいことを紹介しましょう。
まず、喉を開いて、空間を作り出すことから始まります。
あくびをする時の喉の動きをイメージすると、喉を開くといった感覚がわかりやすいかもしれません。
実際の歌唱時にはあくびをするほど喉仏を下げなくて良いのですが、感覚の覚え方としては良い方法です。
それから舌を少し引くように、下げます。
ボイストレーニングを考えるにあたって、舌の位置というのが、わからない方も多いでしょう。
人によって適切な位置は微妙に変わってくるのですが、歌うときには舌根が上がらないことが大事です。
高い音を出す場合、無意識のうちに舌根が上がって、息や声の響きの通り道をふさいでいることが多いので、注意が必要です。
また、舌の先は下の歯の前歯にあてておき、下の歯よりも舌を基本的に上げないようにします。
そうすることによって喉を開きやすくなりますし、舌が効果的に使えるようになるので、響きをつくりやすくなります。

「あ、い、う、え、お」、それぞれの母音で口の開きや響かせ方は少しずつ変わってきます。
それぞれの音を長くのばして、ロングトーンで発声してみましょう。
自分でどこに声を当てれば声が響くのかといった感覚を学ぶことによって、実際の歌唱時に活かすことが出来ます。
響かせ方として、軟口蓋を上げることが一番わかりやすく効果的ですが、それ以外にも多くの場所があります。
唇や前歯の裏や、鼻腔など細かな部分もありますが、体全体を使うことがおすすめです。
遠くへ声を届けるように歌うと、自然と響きが得やすくなるので、遠くの人に歌うようにイメージをふくらませると良いでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s