歌を上手に歌うための基礎とは

歌を上手く歌うにあたっては、基本となる腹式呼吸を習得することから始まります。
歌手をされているプロの方や舞台俳優の方などは、腹式呼吸によって質の高い声量の素晴らしい声を出されています。
腹式呼吸といいましても、イメージがつかみにくいのが実情です。
腹式呼吸は息を吸った時にお腹をふくらませて空気をいれるような感覚を持つと良いでしょう。
空気を入れるための場所としては、お腹の中でも横腹や背中などの深い位置をイメージするとおすすめです。
日常生活において、ごく自然に腹式呼吸になりやすい場面として重たい箱などを運ぶときがあります。
一呼吸おいて、「んー、どっこいしょ」というように身構える時には、腹式呼吸が使われていることが多いものです。
腹式呼吸の練習としては、仰向けに寝転がってみてお腹の上に手を置いてみると実際に呼吸と連動してお腹が動いている感覚を感じられるのでおすすめです。
仰向けに寝転がった場合には、横腹の下へ手を入れてみて、息をした時に膨らんだ部分を覚えておきましょう。
そこの部分を意識して息を入れることによって、立っている時にも確実に腹式呼吸しやすくなります。
息を吸う深さはなるべく深く、しっかりと呼吸をすると、よりお腹と呼吸の動きがわかりやすくなります。
腹式呼吸のことがわかるようになれば、次は脱力することを覚えましょう。
歌を歌うにあたっては、ストレッチによって身体の筋肉のこわばりをほぐしておき、身体全体が動きやすいような状態でいることが重要なのです。
実際の歌手の方などもコンサートやライブの前には、必ずウォーミングアップの一環としてストレッチをされています。
歌唱するということは、身体全体のパワーを使うことなのです。
首をゆっくり回したり倒して伸ばしたり、肩や首を伸ばして動かすなど、簡単なストレッチを心がけておくと良いでしょう。
ストレッチが終わると、小さな声でハミングして息の通りや声の響きを一通り確認しておいたり、声の響かせ方などを練習して確認しておくとおすすめです。
声を響かせるためには、歌っている時の感覚がポイントです。
よく響く声を出すためには、先ほどおこなったストレッチが活きています。
肩や顎など、喉や舌などの上半身の力を抜いてリラックスして歌うことで、声に響きや伸びが生まれてきます。
そして、歌うときには口の中にピンポン玉が入っている感覚で歌うと、声が大きくなりやすく喉が開きやすくなります。
また、高音の時には喉に筒が入っていることをイメージすると、喉を締めにくくなるのでとてもおすすめです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s