ボイストレーニングの基礎となる腹式呼吸の練習

ボイストレーニングに真剣な気持ちを持って取り組むことによって、自分の持っている世界に一つだけの声をより魅力的なものにすることが出来たり、音域や声質の向上のみならず歌唱力にも大きな変化を見出すことが出来るでしょう。
ボイストレーニングを習うための方法は通信による学習や市販されている雑誌、またはスクーリングによるボイストレーナーさんからの指導などの多くの方法が見られます。
しかしどのような方法を選ぶにあたっても、他人や教材に頼るのみならず日々の努力や鍛錬が必要となってくるので、気持ちを引き締めることも大切です。
ボイストレーニングをはじめるにあたって、音痴なので持って生まれた音感や素質といったものが無いことや、子供の頃に音楽の授業が嫌いだったということを心配される方も多いかと思われますが、これらのものは練習によって見違えるように改善することが出来ます。
素質が良い人でも努力や練習を怠っている場合には、結果に結び付けることが出来ません。
ボイストレーニングを始めるきっかけは人それぞれですが、自分の声にコンプレックスを抱いていた人や歌を苦手にしていた人も多いので、どのような方でも大丈夫です。
ボイストレーニングを始めるにあたって、腹式呼吸をすることが基本です。
胸式呼吸と比べてみますと断然息の安定感が違ってきますし、声量や息の多さなどが腹式呼吸では自然と確保されやすくなりますので、喉を痛みにくく、大きな質の良い声を出すことが出来るのです。
腹式呼吸は何かと感覚を掴みにくいものですし、女性などでは腹筋が不足しがちなのでしんどい場合があります。
腹式呼吸の時に息を吸って空気を入れる場所といたしましては、背筋付近から横腹を膨らませるようなイメージを持つことがおすすめです。
息を吸い込んだ時に空気が横腹に入るといったことを想像すると、腹式呼吸をおこないやすいかと思います。
胸式呼吸の場合では息を吸い込むと肩や肋骨などが上がりますが、腹式呼吸ではなるべく動かしません。
実際にお腹が動いていることを確かめた方が感覚を覚えやすいので、横腹(あばらの下あたり)に手を当ててみて、息をすったら連動して動いているかを確認してみましょう。
腹式呼吸の感覚を覚えることが出来ましたら、肺活量の強化としてできるだけ深く呼吸をしてみましょう。
ゆっくり息を吸ってゆっくりと息を吐く、この動作を日々繰り返していくことによって、腹式呼吸の練習にもなりますし肺活量アップも叶えられます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s