声を出すために必要なボイストレーニング

初心者の方のボイストレーニングですが、
目的は歌を少しでもうまくなりたいということがあるでしょう。
歌がうまくなるためには、歌声が長続きしていくというものがあります。
歌が下手な人の特徴としては、
途中で声が切れてしまいましたりかすれてしまうというものがあります。
歌のちょうど盛り上がりの時にそういったことになりますと、
歌っている方も気分が乗らなくなってしまいます。
そういったことからも声がしっかりと長続きしていけるように、
ボイストレーニングというものを行っていかなければいけません。

ではまずどのようなことをすればいいのかと申しますと、
初心者ですので自分の声の出しやすい音域を利用します。
プロの方は、キーを思いっきり高くしてトレーニングしたり、
思いっきり低くしてトレーニングするのですが、
初心者の方はそこまでする必要はまだありません。
その自分の出しやすい音域の声を、続けて出してみましょう。
「あー」という声でもよろしいですし、なんでもよろしいです。
最初は、10秒くらいしか続かないかもしれません。
その時の声出しのコツとしましては、声を震わせたりしないでください。
ストレートな声を長続きさせるように意識します。
それを繰り返し行うことで、
腹式呼吸などをしていく筋肉を鍛えることにもつながります。
毎日行っていくことで少しずつ鍛えられまして、
どんどんと声を出していく時間帯が増えていくことに自分自身でも気づくはずです。
1カ月くらい行っていきますと、最初は10秒であったのが、
20秒や30秒と続けていくことができるようになります。

そしてある程度長時間できるようになったらもう少しトレーニングをグレードアップします。
グレードアップしたとしましても初心者のトレーニングですので難しくはありません。
声に少し段階を設けていくトレーニング法です。
まずは小さい声を出してどんどんと大きな声を出していきます。
また、逆に大きい声を最初出しまして、どんどんと小さい声を出していくのです。
それも最初は10秒程度からはじめてみると良いでしょう。
なれてきましたら、20秒や30秒という感覚で行っていくことが必要です。
こちらのトレーニングはあくまで声の大きさを求めるものです。
音のキーを変えていくというわけではありませんので、それほど難しくは感じないでしょう。

以上の2点のトレーニング法は、初心者に特にお勧めです。
声の出し方を確認するトレーニングとなります。
しっかりとした声出しができない方はすぐに利用していくべきものです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s