すぐにのどが痛くなってしまう時のボイストレーニング方法

カラオケに行きまして、2曲や3曲歌いますと、
すぐにのどが痛くなってしまうということがあります。
これは歌があまりうまくない方によく見られるものになります。
なぜ喉が痛くなるのかというものですが、声の出し方に問題があります。
声をのどで出しているからです。
声をのどで出している時ですが、
とてもではありませんがいい声を発していることにはつながらないのです。
綺麗な歌声というものはのどで作られるものではありません。
お腹の方で作られるようになります。
よく歌手の方はお腹の方から声を出すといわれているでしょう。
基本的にそのようなものになっているのです。

そこですぐにのどが痛くなってしまう方のボイストレーニング方法というものですが、
まずがお腹から声を出す練習をします。
そのためには横隔膜を意識します。
横隔膜をしっかりと活用して声を出していけるようにしていく必要があるのです。
横隔膜につきましては声帯を振動させる原動力となる息を送り出するものになっています。
その息自体もコントロールをしているのが横隔膜です。
横隔膜をしっかりと活用していくべきなのではないでしょうか。

一方でのどというものはいくら意識をしましても動きなどを大きく変化させていくことができません。
喉の声はあまりコントロールできません。
ですので、喉でいろいろと歌を調節していこうとしますとのどが痛くなってきてしまうのです。
喉に無理をさせてしまっている状態では、せっかくのカラオケも長時間は楽しめないというわけです。

また特に声量を増やそうとして喉に負担をかけるのはよろしくありません。
それではすぐにのどが痛みを発生させてしまうこともあるのです。
声量を増やしたいのであれば横隔膜の動きを覚えておきましょう。
おおきな声を出すような横隔膜の動きを熟知すれば、
自然と大きな声を出して曲を盛り上げていくこともできます。

喉に負担をかけることで、中には喉がつぶれてしまうような方もいるのです。
それでは余計綺麗な声も出ていかないことになります。
喉をつぶしてきれいな声がでなくなる前に、
しっかりとした横隔膜を意識したボイストレーニングを行いまして、
よい声で歌っていけるようにするべきでしょう。

ボイストレーニングを行っているようなスクールでは、
まずその横隔膜の動きはレッスンしてくれます。
また、歌が上手い方に習ってみてもよろしいです。
歌が上手い方はいくつもの曲がうまく聞こえるようなコツというものを持っているものなのです。
恥ずかしがらずにうまい方にレクチャーをお願いするのも、
ひとつのボイストレーニングと言えるでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s