カラオケでしっかりと歌えるように座ったままのボイストレーニング

ボイストレーニングは立って行うと効果的であるといわれています。
実際に、立って行った方がしっかりとしたボイストレーニングはできます。
しかし、カラオケで立って歌うということはなかなかないでしょう。
帰って立って歌うまで本気で行っているということが、
分かってしまうのは避けたいと思うものでしょう。
ですので、座ったままでもしっかりと歌えるようなボイストレーニングというものをチェックしてくことが重要になります。

そこで座ったままのボイストレーニングというものですが、
椅子に腰かけるのはもちろんですがリラックスを心がけていくことが重要です。
特に重要になるのが、下半身をリラックスしていくというものです。
下半身に力を入れて歌ってしまっている方も少なくはありません。
下半身から力を抜いていくといいのではないでしょうか。
しっかりと力が入らない状態を確認してから座ったままのボイストレーニングを行っていくべきです。

そしてそれに加えまして、きちんと背筋を伸ばすことも意識します。
椅子に座ると知らず知らずのうちに前傾姿勢になってしまうこともあります。
前傾姿勢になってしまいますと、いろいろと問題が起こってしまうこともあります。
声が低くなってしまいまして、高音が出てしまいます。
背筋が伸びているのかを確認して声を出していくべきです。

また、それに加えまして、肩の力を抜いていくということが重要になっているのです。
下半身に力を入れないと述べましたが、
もちろん上半身もリラックスしていくことが重要になります。
特に肩の力を抜いていくことで格段に声を出しやすくなります。
座ったままのボイストレーニングでは、肩に力が入りやすいこともあります。
それを避けるために、歌う前には意識的に肩のストレッチ運動をしていきましょう。
そうすることで、肩の力がいい感じで抜けていくこともできるのです。

そして座っている時には、視線を重視しましょう。
なるべく下は向かないようにして水平を保ちましょう。
視線が下を向いていると高音が出ないこともあります。
そして視線が上を向いていると低音が出しにくいようなこともあります。

また椅子に座る姿勢の全体的な部分ですが、
背もたれに寄りかかったりしません。
そして、体が前かがみになったりしないように注意します。
椅子に座っている時についてですが、イスには浅く腰かけることも重要になります。
そうすることで姿勢が格段に安定して声が出しやすくなるのです。

椅子に座っても以上のことに注意すれば、
いいボイストレーニングができます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s