ボイストレーニング 腹式呼吸

ボイストレーニングは年齢や性別を問わず、誰にでも始めることが出来るトレーニングです。ボイストレーニングでは発声全般のトレーニング、たとえば口の開け方、喉の使い方、腹式呼吸の仕方、正しい姿勢、発音など幅広い分野のトレーニングを行います。
ボイストレーニングをする理由は、音痴を治すため、カラオケでもっと上手に歌えるようになるため、プロの歌手になるためなど様々な理由があると思います。そのような目的を達成するために、ボイストレーニングでは正しい歌い方や正しい発声方法を学ぶのです。
ボイストレーニングで大切なトレーニングのひとつに腹式呼吸のトレーニングがあります。歌を歌うときは、一定の呼吸量が必要になります。しかし胸式呼吸では息を吸う量があまり多くありません。そこで腹式呼吸を行うことで吸う息の量を多くし、歌において大切な呼吸をコントロールするのです。腹式呼吸をマスターすることで安定した歌声を出すことができますし、ロングトーンで上手く息を使うことができるようになります。そして腹式呼吸は響きのある、深い歌声を作り出すのに役立ちます。
腹式呼吸をマスターすれば息を貯めておくことが楽になります。その結果息のコントロールがしやすくなり、様々なメリットがあります。例を挙げると、声帯を鳴らすため十分な息の量を確保できるようになるので効率よく声を出すことが出来る、声の高低や強弱を自由にできるようになる、声帯のコントロールがしやすなり曲調(ピッチ)を合わせやすくなる、安定した息の量でロングトーンも安定する、息も続きやすくなる、十分な声量で無理なく歌えるようになるなど様々なメリットが存在します。
では腹式呼吸はどのように行うのでしょうか?分かりやすいイメージとして、立って呼吸する際に、丹田のあたりを膨らませるように呼吸してください。丹田とはおへその辺りです。息を吸ったときにそこが膨らんで、息を吐いたときにへこむような呼吸が腹式呼吸です。
しかしちゃんと腹式呼吸で上手に息を吸うことができても、その息をコントロールできなければ意味がありません。腹式呼吸のトレーニングでは、息を吸うことだけでなく、息を上手くコントロールする方法を学びます。腹式呼吸のトレーニングを自分で行う場合、まずはちゃんと腹式呼吸をできているかどうか確認する必要があります。息を吸った際に自分の肋骨の下部が横に膨らんでいるかどうか、鏡を見て確認しましょう。注意しておきたいのが、息を吸ったり吐いたりする際に肩が上下運動しないようにすることです。肩の上下運動が見られるなら、それは胸式呼吸ということになります。
腹式呼吸のトレーニングは、ボイストレーニングの中でも重要なトレーニングの一つです。腹式呼吸をマスターし、安定した歌声を手に入れましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s