ビブラートのかけ方

最近は素人さんの歌を聴く機会がインターネットの発達と共に多くなってきましたね。
そこでいつもその人たちについて思っていることがあります。
それは、ビブラートが出来ていないということです。
ニコニコ動画やユーチューブなどにアップしている方たちの多くがビブラートというもののやり方を間違えてしまっているのです。
多分、人間なら誰でも何も練習しなくてもビブラートのようなものが出来てしまうということが原因でしょう。
その証拠に彼らは喉に力を入れて声を震わせています。
本来のビブラートというものは、喉で搾り出すようなものではなく、喉はリラックスさせた状態で腹式呼吸を行いながらやるものです。
そうすることによって自然なビブラートが出来るのですが、喉でビブラートを作ろうとすると声量も出ませんし、不自然なビブラートになってしまいます。
それにやりすぎると喉を痛める結果になってしまうので、やっている方がいれば今すぐやめて自然なビブラートの出す練習をしましょう。
自然なビブラートを出すにはまず、裏声を出しながらビブラートを出せるように練習してください。
その時の注意点は絶対に声を張り上げないことです。
裏声というのは喉がリラックスした状態ですので、そこでビブラートがかけられるようになれば、地声で歌った時もビブラーとをかけるコツがわかるようになるのですが、声を張り上げてしまうとリラックス状態ではなくなってしまうので絶対に声は張り上げず、普段通りの裏声でビブラートをかける練習をしてください。
もしそれでもビブラートをかけるコツがわからない方は、感覚を掴むために「あー↑あー↓あー↑あー↓」と元の音と半音下げた音を交互の繰り返してみたり、喉仏を意識的に上下させてみたりしてください。
これも難しい場合は、「あー」と声を出している時にお腹を押してビブラートを強制的に作ってみたりして感覚を掴んでみてください。
それから、ビブラートが上手な人のビブラートをイメージしてやってみるのも効果的です。
だれが上手いかわからない場合は演歌を選べばいいでしょう。
演歌歌手はビブラートが上手な方が多いのでビブラートがよくわからない方でも失敗しないでしょう。
この練習を続けていればビブラートを出すコツが段々わかってきて、以前の喉を絞めて、声を張り上げて出していた不自然なビブラートではなくなり、声量ある通る声のビブラートになるでしょう。
是非試してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s