高い声を出せるようにするには

ボイストレーニングに取り組まれる方の目的として、音域をもっと広げたいといったことが挙げられます。
最近は男性のアーティストでもキーが高い曲がとても多いですし、音域が幅広い曲などもよく見受けられます。
サビなどの高音を喉を痛めずに歌いたいといった目標や、カラオケで原曲キーのまま好きな曲を歌いたいといった夢を、ボイストレーニングで叶えることが出来ます。
苦手とする音の高さは個人によって差がありますが、一般的に地声が低ければ歌唱の際には高音を苦手とされる方が多いものです。
普段の声が低くてももともとの生まれつきだからといって、高音の習得をあきらめてはいけません。
まず、地声の高さをアップさせる方法として、腹式呼吸を使って喉を開いて声を出してみることが基本です。
おへその少し下の丹田と呼ばれている部分に力を入れて、あごや首などはガチガチにならないようにリラックスしましょう。
喉を開く、といってもいまいちイメージがつかみにくい表現でありますが、口を開けてあくびを我慢しているような状態を真似してみると、感覚がつかみやすくなるのでおすすめです。
また、喉を開くためには割りばしを利用して練習することも有意義です。
高音の練習は喉を痛めやすいことが多いので、喉を締め付けないようにするために割りばしを利用します。
まず、用意するものは割りばし2膳です。
どちらも割らないまま太い方を口に入れ、両方の奥歯で支えます。
やっている途中は滑稽な格好ですが、喉を締め付けないで開くといった感覚をつかむためには、非常に理解しやすい練習方法です。
このように正しい感覚で歌えるようになったら、次は裏声を出してみることに挑戦しましょう。
裏声は、声が裏返った時の声をイメージするとわかりやすく、普段の話し声や地声とはダイナミックさや声質が大きく変わってきます。
女の子の物まねをするような感覚で、いつもよりも高く普段使っている声とは違った性質の声を出してみると、裏声の感覚を掴みやすいです。
裏声は、最初はとてもよわよわしく声量も確保しずらいものですが、練習を積み重ねていくうちに自然と声量アップが期待できます。
裏声の声量を強くすることが出来ますと、地声と裏声との混ぜ声であるミックスボイスを習得することにも繋がります。
ミックスボイスとは、裏声と地声の良いところどりのような存在であり、地声のような質で声量が確保された声にもかかわらず裏声のような声域の幅広さを持ち合わせており、負担をかけにくく出せるものであります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s