言葉が聞き取りにくいといわれるなら、ボイストレーニングを受けてみては

 世の中には、いろいろな習い事があります。趣味でやっている人もあれば、仕事に役立てるためにがんばっている人もいますね。そして、中には自分にとってかなり深刻な問題を解決するべく頑張っている人もいるんです。 
 たとえばボイストレーニングを受けている、と聞いたらどんなことを思い浮かべますか。声優になるために勉強している人でしょうか。それとも歌がうまくなりたい、あるいは真剣に歌手になりたいと思っている人でしょうか。もちろんそういった人たちもボイストレーニングを受けています。いっぽうで、歌のためでなくトレーニングしている人たちもいるんです。
 それは、会話力のためです。たとえば営業を主にしているビジネスマンですね。あるいはアナウンサーなどの仕事に就きたいと思っている人もボイストレーニングを受けています。これらの人たちは歌とは関係なく、自分の声や話し方をよくしたい、直したいと思ってトレーニングを続けているんです。
 会話の場合の悩みは、いろいろあります。声のボリュームがコントロールしにくい、声に力が入り過ぎる、声がこもっているなどですね。それ以外に多いのは、自分の話していることが相手に伝わりにくいというケースです。話している途中、相手から「今、なんていったの?もう一度いって」などとよく聞きなおされるタイプですね。これは、おそらく滑舌がわるいのが原因でしょう。
 そもそも滑舌(活舌ともいいます)というのは、声を出すための舌や口の動きのことを言います。滑舌がわるいと、発声がはっきりせず、ひいては話の内容が相手に分かりにくいという欠点になります。物理的な舌や口の動きがよくないために、言葉のひとつひとつがきっちり区切れて聞こえません。したがって複数の音が混じった状態になって、相手にとって聞き取りにくい言葉になるのです。
 滑舌の改善法としては、話すときに口や舌を大きく動かすというのがあります。この動きが少ないと、聞き手はよく似た音を区別して聞き取れません。具体的には、「パ、ピ、プ、ぺ、ポ」や「マ、ミ、ム、メ、モ」などが区別しにくい音です。ボイストレーニングでは、こういった音を明確に発音するためのトレーニングを行います。たとえば喉や舌や口周りの筋肉を動かすトレーニングや、呼気のコントロール法などを学びます。そうやって正確な発声法を覚えていくうちに、次第に滑舌も良くなってくるのです。
 会話のためのボイストレーニングは、もちろん自宅で学習することもできます。ですが、ちかくにボイストレーニング教室があれば、通うほうがいいかもしれません。なぜなら日常会話の発声法は一度間違った方法で覚えてしまうと、修正に大変時間がかかります。自己流でついてしまった癖をとるために、余分な時間をかけるなら、初めからプロについて発声法を覚えてしまうほうがいいでしょう。
 また歌のためのボイストレーニングと違って、会話の場合、先生はボイストレーナーだけとは限りません。言語聴覚士という資格のある先生が教えている場合もあります。話し方教室という名前でやっているかもしれませんね。ボイストレーニングスクールと合わせて、そういった教室、サークルを探してみるのもいいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s