ボイストレーニングでおすすめのリップロール

ボイストレーニングをおこなうと、多くの人が歌唱力のアップを実感します。
具体的には、高音が出せるようになったり、息継ぎが少なくても長いフレーズを歌えるようになったり、声に安定感が生まれて、声量が確保されたり声が震えなくなるといった効果が期待できます。
もっと高度なものになると、表現力面においても鍛錬の成果が見られます。
ビブラートやしゃくり、声量の細かなコントロールなど、繊細な技術や表現によって、人を感動させられるような歌唱力を身に着けられるでしょう。
ボイストレーニングに注力することによってプロの歌手を目指せることも夢でもありません。

まず、ボイストレーニング初心者にとっておすすめのボイストレーニング方法を紹介します。
歌う前などに唇の緊張がほぐれますし、裏声が出やすくなる効果が期待できるのがリップロールです。
リップロールをおこなうと、さまざまなメリットがあります。
裏声の取得というのは、地声とは違って難しいのですが、裏声を出す時の喉の感覚や口の動きを覚えることが出来やすくなります。
また、リップロールをすると自然と喉の空間が確保されて良い発声に繋がるので、歌唱時にも役立ちます。
唇の力を抜いて、リラックスした状態で、唇を閉じます。
そして、息を吹いてあげると、唇が振動します。
最初は慣れないので、すぐに振動がとまってしまったり、全く震えないといった方もいらっしゃいます。
感覚をつかむと、もう忘れないし一生身に付くものなので試行錯誤して毎日取り組むと良いでしょう。
唇を引っ張ったり、乾燥している場合は濡らしてあげることによって、徐々に振動している時間を伸ばしていけるでしょう。
コツとして、吐き出す息の量を調節することが挙げられます。
一度に吐き出す息の量にムラがあると、振動しなかったり、振動してもすぐにとまったりします。
なるべく一定の息の強さを保ちながら、唇を震えさせてあげると良いでしょう。
次に、長く出来るようになったら、唇を振動させながら声を出してみましょう。
「トゥー」といった感じで声を付けてあげると、振動をさまたげにくいです。
そして、その声に音程を付けてあげましょう。
最初は楽に出せる地声だけでも構いませんが、だんだんと慣れてきたら裏声や高音にもチャレンジしてみて、さまざまな音の上下を楽しんでみましょう。
最終的には、「オ」の音で振動させられるようになれば、リップロール上級者になれます。
毎日少しずつでよいのでリップロールを実践して、良い感覚をつかみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s