大声だけではなく抑揚をつけるボイストレーニング

カラオケについてですが、あまりうまくない方に共通しているものがあります。
それは単に大声を出していくというものです。
おおきな声を出してストレス解消を狙っている方もいるのですが、実際にそれではいけません。
大声だけでは全く歌がうまいとは聴こえないのです。
聴いている方にとりましては、
ほどんど騒音にしか聴こえないようなことになってしまいかねないのです。
これは大きな問題ですので、すぐになんとかしていく必要があります。
しかも、大声で歌うということは大きなマイナスがあります。
それは、自分の音程があっているのかの判断もできなくなってしまうのです。
大声を出すことで自分の声に反応ができなくなってしまいます。
音程を合わせてこそ歌はうまく聞こえるので、大声については気をつけていくべきです。
大声音痴とは言われないように対策をしていくといいのではないでしょうか。

大声を出していかないようにしていく場合には、
ボイストレーニングにつきましては抑揚を意識していくというものです。
囁くように歌う部分としっかりとした声で歌うところをわざと作っていくようにしていくべきです。
それを何度も繰り返し行っていくことで、
そもそも大声で歌うということを控えていくことができるようにもなります。
声を控えることで自分が度の音程で歌っているのかをしっかりと認識できるようになります。
しかも、抑揚がつくことで歌というのは急速に上手く聞こえるようになります。
抑揚をつけること自体がボイストレーニングになるのです。
カラオケでも圧倒的に上手く聞こえるようになるというわけです。

抑揚をつけて、声くぉ出すところとだからないところをはっきりとまずは決めてみましょう。
どのような曲でもずっと大声で歌っているわけではありません。
そしてずっと囁くような小さい声でうたっているわけでもないのです。
それを確認するには、歌番組を観るのもいいでしょう。
音楽のDVDを聴きこむのもよろしいです。
そして音楽CDを聴くということもお勧めになります。

ただ、自分が大声で歌っているだけということに気づかないこともあります。
そういった場合には何でも話せる親友の方と一度カラオケに行ってみるといいでしょう。
そういった相手でしたら、特に気にしないで、
しっかり大声すぎるということを指摘してくれるはずです。
あまり関係が深くない方は、指摘してくれないこともあります。
歌についての指摘はありがたいものです。
また、歌う前に気兼ねなく指摘してほしいと言っておくのもよろしいでしょう。
まずは大声だけな歌になっていないかを確認することから始めるべきです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s