話すボイストレーニングで魅力的な声を手に入れる

ボイストレーニングとは、歌うためのトレーニングです。
最近では、この歌うボイストレーニングを応用した、話すボイストレーニングが人気です。
話すボイストレーニングで、呼吸法、発声法をマスターすると、いい声、聞き取りやすい声で話せるようになり、シーンに応じて声をコントロールすることができます。
魅力ある声を手に入れることは、ビジネスパーソンにとっては仕事の武器となります。
ビジネスパーソンでなくても、日常生活、人間関係に良い影響を与えるでしょう。
ルックスが好みでない俳優に、なぜか好感を持つのは、魅力ある声の持ち主だからかもしれません。
特に女性は、いい声の男性を魅力的だと感じるようです。

人間は、生まれてすぐは腹式呼吸をしています。
本来、腹式呼吸が自然な呼吸です。
生まれてから数年間は、ストレスや外的影響が少ないので腹式呼吸をしています。
子供は、発声にストレスがありません。
体が小さいのにすごく大きくてよく通る声を出します。
そして、大人になるにしたがって、胸式呼吸に変化します。
これも、自然な変化です。
大人は、発声にストレスがあります。
喉や声帯、体全体の筋肉のこわばりが発声の邪魔をしています。
極度に筋肉が緊張していると、喉が詰まるような感じで上手く声が出せません。
ボイストレーニングの根本は、大人が子供時代の発声を取り戻すことです。
今までできなかったことを習得するのではなく、以前は自然にやっていたことを思い出すのだと考えて、気楽に取り組みましょう。

歌うボイストレーニング、話すボイストレーニングに共通するトレーニングメニューに、腹式呼吸があります。
腹式呼吸をマスターすると、声量のコントロールが容易になります。
また、胸や喉の緊張がとれて楽に発声できるようになります。
歌うボイストレーニングの場合、歌っている間は常に腹式呼吸を使います。
話すボイストレーニングはどうでしょうか。
話すときに歌うような腹式呼吸で発声すると、すごく大きな声が出すぎたり、場違いだったりします。
話す場合は、声を胸、肋骨、胴体に響かせます。
自分の体をスピーカーに見立てて共振させるイメージで発声します。
この発声法では、ボリュームにかかわらず、落ち着いたイメージの声が出ます。
一朝一夕に魅力的な声を手に入れることは難しいですが、トレーニングを続けることで成果は出ます。
実践的トレーニングはもちろん、このような声になりたいというイメージを常に描くことも大事です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s