簡単にビブラートをかける方法

カラオケで歌の上手い人が素晴らしいビブラートをかけているのを聞くと
あんなビブラートがかけれたら自分ももう少し上手く歌えるのになと思ってしまいますね。
さて、ビブラートとは一体なんなのでしょうか。ビブラートとは音を伸ばす時その音の特に高さを揺らすことです。まっすぐな声もいいのですが常にまっすぐなな歌は音楽表現の範囲が限られてしまいますね。
ビブラートは音楽により豊かな響きを与え多彩な感情表現にはなくてはならないものです。ここぞというところで意識して大きくビブラートをかけることもよくあります。本当のビブラートをかけるのはとてもむずかしくプロのボイストレーニングが必要です。しかしコツさえつかめば普通の方でも簡単にビブラートをかける方法があります。その方法をここで紹介したいと思います。意外なのですが歌を長年している人でのビブラートを上手くかけれない人が多いものです。特に合唱はあまりビブラートは用いないので必要がないと思われるかも知れないのですがビブラートは出来たほうがいいと私は考えます。
基本的にビブラートはお腹でかけます。横隔膜をコントロールして声帯に空気を取り込んであげることでビブラートを行います。稀にいらっしゃいますが、「なぜかわからないがいつもビブラートがかかってしまう。」という方もいます。それは自分でコントロールできていないので良くないです。なぜなら音楽にはビブラートの必要ないまっすぐな声で勝負する場所もあるからです。その音楽の感性に合わせた「チョイスするもの」であるべきだからですね。
さて、本題の簡単なビブラートの話です。
まずは「あー」の発声をしながら時分の手を使ってあばらの下をリズムに合わせてグイグイと押してください。揺するようにです。その時、息の量を手に合わせて加減をしないでください。息はたっぷりと使うようにしましょう。これでビブラートがかかったのではないでしょうか。何度かやってみたら半分は手を補助的に使ってもう半分は自分で歌ってみてください。少しずつ時分の力でできる方向の練習になります。
初めは誰でも出来ないもので当然の事です。まずは人工的なものでもいいので補助的に考えてビブラートをかけてみましょう。
何度もやっていくうちに必ず出来るようになります。鍛錬を重ねて行くことで素晴らしいビブラートに近づいていくと思います。毎日でもお風呂に入っている時でも声の響くところなどで練習するのもいい方法ですので頑張って練習しましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s