カラオケで高い声を出すボイトレ法

カラオケでよく原曲キーなどの表示があると思います。そこでなぜそういう表記があるのかと思い調べてみると最近の楽曲は昔の曲に比べるとキーが2から3くらい高くなっていることがわかりました。男性のアーティストさんを見ると確実に昔よりもキーが高いアーティストさんが増えたように思います。
そのためでしょうか。カラオケでもそういった方の曲を歌う際に高い声を出せなくてはしっかりと歌いきれないと言った感じになってしまいます。当然ですがなかなかそんな高音で上手く歌い上げるのは難しいですね。
しかし、自分が出せる音域と言うものがおのおのあると思います。無理をして高い声を出そうとしてしまうことで苦しく、声が出なかったり、途中で声が途切れたり裏返ったりと上手く歌うことが出来ないでしょう。
そういった方は自分でキーの高いところを歌っているつもりでもただ声を張り上げて歌っているだけで大きな叫び声になっているといった様なことが多いです。
では、こういった方が高音を出すのは諦めてしまうのか、と言われるとそれは違います。
高音域を出すためのボイストレーニングがあるのでしっかりそれを行うことで高音域の多い曲も歌えるようになります。
ただし、高音域の練習は誤った方法のボイストレーニングを行なってしまうと喉を痛める可能性があるので気を付けて正しいボイストレーニングを行いましょう。

ボイストレーニングの初めとして裏声を出すことが大事です。簡単に言うと声をひっくり返すと言うことです。
裏声は声の半分と言ってもいいでしょう。裏声が出せないと言うのは声の半分が出せないと言うことなのでとてももったいないですね。誰でも出せる裏声です。少しずつでいいので出せる裏声の音域を鍛えて行きましょう。
喉の筋肉には声の高さを調節する役割を果たす輪状甲状筋という筋肉があります。裏声を出すのにこの筋肉を鍛えるのはとても効果的なので是非試してください。

まず、リラックスしてホーと小さな声を出してください。その時裏声を意識しましょう。裏声が出せない場合、喉に力が入りすぎていないかを意識しましょう。オの母音を意識し顎を落として喉の奥に空洞を作る感じで声を出し直しましょう。その時には無理をしないようにと心がけましょう。
そして、裏声と地声を交互に出して見てその違いを感じましょう。そうすることで確実に身に着くようになります。
多くの方は普段の生活に裏声を使っていない方が多いので実際に裏声を出す機会を増やすことで高い音に慣れていくことがコツでありボイストレーニングで重要です。急には誰でも出せるものではありませんので、気長にトライしてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s