ボイストレーニングの基本事項

ボイストレーニングをすることは、歌が上手くなることだけではなく、適度なダイエットにもなります。カラオケでも数十分歌うだけで汗が出てくることもありますし、体が熱くなることがある人はわかるでしょう。そもそもキチンと腹式呼吸をマスターして、お腹から声を出していれば歌を歌うことが、どれだけ体力がいるかと言うことを実感できるはずです。プロのアーティストのコンサートでは、汗だくになりながら歌う場面をよく見かけますが、それだけ歌を歌うという行為は体力がいることなのです。トレーニングで声を出すことで、首から上の血行が良くなりますし、体の様々な筋肉を総動員して歌を歌うことになります。ですからボイストレーニングを続けているうちに、気付けば体重が落ちていた、というのは珍しいことではないのです。
ボイストレーニングの第一歩として、自分の地声を知るということがあります。これはプロのアーティストを見ていても分かる通り、彼らは普段話している声と歌っている時の声が、ほとんど変化していないのです。つまり地声で歌っているということです。実は地声と言うのは最も応用力が効き、これを使いこなさないことには十分な声量と音域を出すことができません。プロのアーティストはそのことをよく分かっていますから、日々トレーニングに励んでいるのです。
またボイスレコーダーを使って、自分の地声を知ること、自分の声を客観的に把握することもとても大切なトレーニングの一つです。実は私たちが普段自分の声だと思っている声は、耳の中にある内耳と言う器官を通して聞いているものです。これはいわゆるフィルターを通して聞いていることになるので、本来の自分の声とはだいぶ違っているものを聞いていることになります。ですから、留守番電話やビデオ等で自分の声を聞くと、他人の声に聞こえてくるのは、元々雑音が混じった声に慣れているからです。
このボイスレコーダーから聞こえてくる声が、本来の自分の声に最も近いものです。つまりこの声を普段周りの人が聞いていることになります。自分の声を客観的に分析することは、聞き手の側に立つということを意味します。例えプロのアーティストを目指していない人でも、この聞き手の立場に立つということで、カラオケの上達度もまるで変ってくるのです。また、自分の欠点やクセに気付くことができますから、その意味でもボイスレコーダーを使うことは、一石二鳥の効果があることになるのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s